Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
6
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@takako_sudou

Unity2017でARアプリ - 2.シンプルなARプロジェクト

More than 3 years have passed since last update.

Vuforiaを使ったARアプリを作るための第一歩として、まずはサンプルのARマーカーを利用して作ります。(オリジナルのARマーカーは次回!)

はじめる前に

ここではARアプリを使うために、VuforiaというComponentライブラリを利用します。もしVuforiaの利用が初めての方は、こちらの記事
「Unity2017でARアプリ 1.サンプルを動かす」
をご覧いただき、登録や設定を先に行ってください。

制作手順

1.新規プロジェクト作成

まずは、Unityで3Dの新規プロジェクトを新規で作ります。
image.png
Unityの画面が立ち上がります。
image.png

2.Vuforiaの設定

image.png

①Vuforiaの設定を開く

メニュー「Edit」→「Project Setting」→「Player」をクリック(上図中①)

②ARにチェック

「Vuforia Argumented Reality」にチェック(上図中②)

3.カメラを配置

①AR用のカメラを挿入

「Hierarchy」の「Create」→「Vuforia」→「AR Camera」をクリック
image.png

②Import開始

確認画面でImportボタンをクリックすると、必要なデータの読み込みが開始します。しばらく待ちます。
image.png

③デフォルトのカメラを削除

HieralchyにあるMain Cameraは削除しておきます。
(クリックで選択し、Deleteキー)

4.Sceneの保存

ここでSceneを保存します。(もっと前でもOK)
①メニュー「File」→「Save Scenes」
②「scene1」と名前を入力し保存。(名前は好きな名前でOK)
画面は下図のようになりました。
image.png

5.App Licence Keyの設定

①Keyの取得

こちらをお読みください 過去記事

②設定

1)UnityのHierarchyパネル中「ARCamera」をクリックで選択。
2)Inspectorパネル中の「Vuforia Behaviour(Script)」にある「Open Vuforia configration」をクリック。
3)VuforiaConfigrationで、App License Keyに1-④でコピーしたLicense Keyをペースト。(再度vuforiaのサイトへアクセスしてコピーすることも可)
4)Databasesにチェックを入れる(これを忘れると動きません!
こちらから引用7.の設定

6.ARマーカー作成

image.png

①Camera Image Targetの挿入

「Hierarchy」の「Create」→「Vuforia」→「Camera Image」→「Camera Image Target」をクリック。(上図中①)
画面上にカード状のオブジェクトが挿入されます。
また、「Hierarchy」の「scnene1」に「ImageTarget」が挿入されています。

②使用するマーカー画像のある場所

「Project」の「Assets」→「Editor」→「Vuforia」→「ImageTargetTextures」→「vuforiaMars_Images」をクリックし、サンプルのテクスチャを表示する。(上図中②)

③マーカーの選択

image.png
「Hierarchy」の「scnene1」にある「ImageTarget」が選択されている状態で行います。
(1)Image Target Behavior(Script)で、TypeをPredefinedに変更する。
Databaseが、VuforiaMars_Images、Image TargetがAstronautになるのでそのまま今回は使用します。

④マーカーには、マテリアルとしてAstronautの画像を貼っておきます。

(詳細は割愛)

7.オブジェクトの配置

「Hierarchy」の「Create」→「3DObject」→「Cube」でキューブを挿入し、サイズとマテリアルを変更する。

8.カメラの設定

image.png
※これはサンプルのプロジェクトを開いたときの画面です。
ここで参考にしたいのは、カメラの位置と角度です。
Position X 0.15 Y 0.15 Z 0
Ratation X 90 Y 0 Z 0
となっています。
上から見ている状態です。これを参考にして設定しました。
設定値
Position X 0 Y 0.15 Z 0
Ratation X 90 Y 0 Z 0
image.png

9.テスト

タブレットにコピーしたARマーカーを表示して認識させました。方法は過去記事と同じです。
「Unity2017でARアプリ 1.サンプルを動かす」
image.png
こんな感じに出ました。

6
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
6
Help us understand the problem. What is going on with this article?