Posted at

AWX/Ansible Towerでは何ができるか: 机上調査編 (2017/09)

More than 1 year has passed since last update.

本エントリではAnsible Towerの各プラン、およびAWXで何ができるかの机上調査結果をまとめます

製品全体の構想として何ができるかは公式のトップページを御覧ください

https://www.ansible.com/tower


Ansible Tower Enterprise機能

まずは現在のAnsible Towerの機能を値段、機能マトリクスから再確認

大雑把に、ユーザー観点だとplaybookの順序制御(workflow)が有償、管理者観点だと認証、監査、サポート、高可用構成などが有償

ノード数に対する制約: 現在Standard以上だと100ノード以上、との表記が確認できる.


Standard

Standard以上のプランで追加で利用可能になる機能


  • CONTROL


    • WORKFLOWS : 複数playbookの順序制御



  • KNOWLEDGE


    • INTEGRATION WITH ENTERPRISE ACCOUNTS: LDAP連携など

    • AUDIT TRAIL: 監査

    • MULTI-TENANCY: 複数ORGANIZATIONを利用した権限制御

    • LOGGING AND ANALYTICS INTEGRATION: ログ出力連携



  • DELEGATION


    • SURVEYS: EASY FORM-BUILDER




  • SUPPORT


    • INSTALLATION SUPPORT

    • ENTERPRISE SUPPORT: 8 x 5 サポート(日勤帯サポート?)

    • ANSIBLE ENGINE BUNDLE



  • AND MORE...


    • SCALE-OUT CLUSTERING




PREMIUM

PREMIUMプランで利用可能になる機能


  • SUPPORT


    • PREMIUM SUPPORT: 24 x 7 サポート

    • NETWORKING ADD-ON: ネットワーク関連モジュールのサポート




AWX

AWXとAnsible Towerは何が違うの?

https://www.ansible.com/awx-project-faq

AWXはAapach 2.0ライセンス、開発版(not stable)と思えば良さそう、Ansible TowerはAWXの特定バージョンからリリースされ長期サポートできるようにしている、と理解。

つまりサポート、高可用などを除けばユーザー機能、管理機能、は全部使えてしまうのではないか... このプロジェクト素敵すぎる...


関連