Help us understand the problem. What is going on with this article?

Androidの開発でkotlin-stdlib, kotlin-stdlib-jre7, kotlin-stdlib-jdk7, kotlin-stdlib-jdk8どれ使えばいいの問題

More than 1 year has passed since last update.

だいたい以下の会話通りなんですが、記憶が薄れてきて忘れそうだったので軽くまとめておきます(だるまさん話していただいてありがとうございました :bow: )

kotlin-stdlib-jre7はdeprecatedなので、それは除外で良さそうです。なにかツッコミあればください :bow:

Min Sdk Version 使ったほうが良さそうなライブラリ
24以上 stdlib-jdk8
21以上 stdlib-jdk7
それ以下 stdlib

stdlibとstdlib-jdk7とstdlib-jdk8の違い

それぞれstdlibをベースに入っている拡張関数が違います。
例えばstdlib-jdk7はJava7のAutoClosableクラスに対するuseメソッドが入っていたり、Java8のstdlib-jdk8ではStreamを返すような拡張関数が入っています。

stdlib-jdk7がなぜ21以上?

stdlib-jdk7はほぼAutoClosableクラスに対するメソッドしか入っておらずAutoClosableクラスはSdk Versionが19なので、Sdk Versionが19であれば現状stdlib-jdk7にしちゃっても問題ありません。


image.png


しかし例えばJava7のForkJoinPoolクラスなどはSdk Version21で追加されています。そのためそれを返すような拡張関数がバージョンアップで入った場合にクラッシュを引き起こしてしまうなどが考えられます。そのため、21以上としています。


image.png


またAutoClosableクラスに対するメソッドについてはほぼ利用されることはなく、代わりにstdlibに入っているCloseableの拡張関数が利用できるのでstdlib-jdk7を使わないと困るという場面が現状ありません。
stdlib-jdk7に便利なメソッドが追加された場合にまた検討してみるのが無難そうです。

stdlib-jdk8がなぜ24以上?

StreamがAPI Level 24なためです。
image.png

takahirom
Google Developer Expert for Android
cyberagent
サイバーエージェントは「21世紀を代表する会社を創る」をビジョンに掲げ、インターネットテレビ局「AbemaTV」の運営や国内トップシェアを誇るインターネット広告事業を展開しています。インターネット産業の変化に合わせ新規事業を生み出しながら事業拡大を続けています。
http://www.cyberagent.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした