Help us understand the problem. What is going on with this article?

Laravelのファイル、フォルダの役割ついて

【概要】

1.Laravelのファイル

2.Laravelのフォルダ

1.Laravelのファイル

備忘録として残しておきます!
.editorconfig:エディタに関する設定ファイルです
.env:動作環境に関する設定ファイルです
.gitignore:Gitに関するファイルです
.artisan:php artisan serve(localhost:8000)等のコマンドです
.styleci.yml:コードチェッカーのファイルです
.composer.json:composerを利用関係です
.package.json:Javascriptのパッケージ管理ツールであるnpm利用関係です
phpunit.xml:テストプログラム関係です
server.php:サーバー起動時のプログラム関係です
webpack.mix.js:Javascriptのパッケージツールで使用
yarn.lock:yarnのパッケージマネージャが使うアプリが入っています

2.Laravelのフォルダ

app:アプリケーションのプログラムがまとめられています。アプリケーションを作成する際はここにscrpitファイルを作ります。User.php(ユーザー認証設定),Http(アプリケーションにアクセスした際に処理をし、Controllerファイルがあります。)
bootsrap:アプリケーションを起動する際に一番最初に処理が行われます。
config:設定関連ファイルです
database:データベース関連ファイルです
public:JavascriptやCSSなどブラウザで検証ツールで見れる部分になります
resources:リーソスファイルであり、テンプレートファイル等があります
routes:ルーティング設定はここになります。web.phpがrubyでいうroutes.rbファイルにあたります。このフォルダの中身には、api.php.channels.php、console.phpがあります
storage:ログファイルが保存されます
tests:単体テスト
vendor:フレームワーク(ここではLaravel)のプログラムが入っています。

taka_no_okapi
『笑謝を、自分らしく、続け、』 #HTML #CSS #Javascript #Ruby #PHP #AWS #docker #ci #Vuejs 勉強中! 全くの未経験、0の状態から学習中! みなさんが同じところでつまずいた際に 少しでも共有できればと思い、作りました!
https://twitter.com/taka_taka_tech
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away