Help us understand the problem. What is going on with this article?

Libraについての勉強会

More than 1 year has passed since last update.

こんにちは、Takです。前回は「ブロックチェーンとは」という一般的な話題をテーマに勉強会を開きました。今回はLibraについて解説、議論しました。

Libraとは何か?

まずは、Libraについてざっくりと解説しました。詳しい内容はホワイトペーパーを読めばわかるので割愛します。

LibraとはFacebook主導で提唱された金融プラットフォームです。
そして、

多くの人びとに力を与える、シンプルで国境のないグローバルな通貨と金融インフラになる

というミッションを掲げています。
17億人とも言われる銀行口座を持たないような人でも、スマフォは持っています。そのスマフォを通して、手軽に安価に金融サービスが受けられる、そんなプラットフォームの構築を目指しています。

正直、目新しさは全くなく、ブロックチェーンの使い方として、昔から提唱されています。Tedでもプレゼンがありました。5年程前です。ただ、Facebookというパワープレイヤーがやると標榜することに、スケール感を想起させ、本当に実現できそうな期待感があります。

どんなことができるのか?

コンピュータのプログラムを動かすことができます。銀行システムや会計システム、アマゾンや楽天のようなECサイト、FacebookやTwitterのようなSNS、これらのサーバーサイドをLibraプラットフォーム上に構築できます。

具体的にはスマフォだけでお金を送れます LINE Payみたいに。イメージとしてはこのような感じになると予想します。(動画はStatusというEthereumのモバイルウォレットです)

また、技術的に可能という意味で、お金だけじゃなくてデジタルアセット(デジタルデータとか、権利とか)も送れる ようになるだろうし、デジタルデータだけじゃなくて、不動産とか商品とか、購買できる ようになるはずです。

どんな特徴があるのか?

4点列挙します。

1. 法定通貨バックのステーブルコイン

Libraの価値は一定で、Bitcoinのように変動しません。価値の裏付けとして円やドルなどの法定通貨を用います。

仕組みはTetherとのようだと予想します。(Tetherは1tether=1$なコイン)Suicaのように、入金した分だけ発行され、出金した分だけ減らされます。ただ、USDドルのように単一通貨にペグするとは言っておらず、複数の法定通貨にペグするらしいので、より複雑な仕組みになるはずです。

参考:「価格が安定している暗号通貨 "Stablecoin" 概要」のTether項

2. 独自言語のスマートコントラクトが動くチェーン

プログラミング言語「Move」を用いたスマートコントラクトを実装可能で、Ethereumと同じくトランザクション履歴とステートを記録するアカウントモデルを採用しています。BitcoinのようなUTXOモデルではありません。

余談ですが、アカウントモデルの図としてこちらが大変参考になります。

3. コンソーシアムチェーン

Libraは複数企業により共同で運用されます。運営主体はスイスにある非営利組織でLibra Associationという名称です。

協会メンバーはそうそうたる顔ぶれです。VisaやCoinbaseも参加します。メンバーになるための基準は高く、評価額・顧客資産などの資産を持つ他、グローバルリーチプロダクトの保有、Fortune500などの評価企業であることが条件とされ、$10m(10億)以上の出資が必要です。現在、30社程度が参加しており、今後、100社まで増やす予定とのことです。

参加メンバーの主な収益源はトランザクション手数料です。しかし、このトランザクション手数料は低く設定されるので、他で収益を上げないと割に合いません。なので、参加企業は積極的にLibra上にサービスを展開してゆくと予想します。(なお機関投資家のみに限定された私募形式で投資用のトークンを発行しているようなので、ここでの収益も見込める)

4. コンセンサプロトコルはPBFTのようなもの

無作為に選定されたリーダーノードがブロックを生成、他ノードが検証と認証する形のアルゴリズムで、詳しくはこちらを参照してください。

正確にはHotStuffをベースとしています。
トランザクションのファイナリティが10秒とPBFTとしては遅いです。遅い理由としては、次の二点が考えられます。

心配な点

3点列挙します。

1. 各国の規制

ここを乗り越えないと、サービスとしてローンチできないので、最も重要です。
通貨が国にとってどれほど重要かを示す一例として、仮に通貨を偽装した場合、こうなります。

その国の信用を揺るがし、最悪の場合、国家の転覆をも生じかねない性質を持つため、どの国においても金額の多少に関わらず重罰が適用される。

国としては、国民に法定通貨を使って欲しいはずなので、そこら辺を、協会がどう折り合いをつけてゆくのか注目です。

2. 協会のガバナンス

協会メンバーは平等に1票の権利を持つとはいえ、現実的には企業規模を考えると、権利は不均衡だと思われます。また、全体の意思決定に不利益を被るメンバーが、Bitcoinのフォークのように離反することも考えられます。

そんな状況を、協会がどうやって統治してゆくのか注目です。

3. トランザクションのファイナリティに10秒かかる

ユーザビリティの観点から10秒は遅いと考えます。
仮にお金を送った時、着金確認まで10秒も待たされたらイライラするはずです。上述したように安全面を考えての10秒という設定だと思われるので、これ以上早くするのは難しいと考えます。

UXとセキュリティで、どう妥協点を探ってゆくのか注目です。

参考資料

最後に

フィナンシェではエンジニアを募集してます。本番運用している、ゲーム関連以外のブロックチェーンを使ったコンシューマー向けサービスは少ないです。実践的な経験が積め、知見が溜まりますよ。

ご興味のある方は是非、採用フォームWantedlyからお声がけください。

勉強会記事一覧
- フィナンシェでブロックチェーン勉強会、始めました。
- Libraについての勉強会
- フィナンシェのBlockchainアーキテクチャ変遷と今後

tak1827
SEとしてWeb及びスマートフォン用アプリケーションの開発に従事。コンサルとして銀行システム構成管理業務及び次期インフラ構築においてOffice365導入。ブリッジSEとしてベトナムでシステム開発。フリーランスで、インドの会社とBlockchainを利用したシェアリングエコノミーのサービス開発。
https://medium.com/@t.tak
financie
個人の価値を可視化して支援するブロックチェーンベースのSNSサービス『FiNANCiE』の企画・運営
https://www.corp.financie.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away