Help us understand the problem. What is going on with this article?

新人向けチートシート: terminal

基本

cd <path> #pathに移動
cd - #移動前のpathに移動

pwd #ワーキングディレクトリのパスを表示
ls #カレントディレクトリの内容表示

mv <originalPath> <newPath> #ファイルを移動、名前変更
cp <originalPath> <newPath> #ファイルのコピー

rm <filePath> #ファイルを削除
rm -r <dirPath> #ディレクトリを削除

tar -zcvf <path>.tar.gz <path> #圧縮
tar --exclude <pattern> -zcvf <path>.tar.gz <path> #patternを除いて圧縮
tar -zxvf <filename> #展開

history #コマンドの入力履歴を確認

export LANG=en_US #ターミナルの言語を英語に切り替え

ファイル・ディレクトリを検索する

find <path> -name <pattern> #<path>以下の<pattern>を含むファイル・ディレクトリを検索する

ファイルの中身を表示する

cat -n <path> #ファイルの中身を行数と表示する
tail -f <path> #ファイルの内容を入力を待ちながら表示(ログなどがリアルタイムで追加されることを確認したい場合)
vimdiff <path1> <path2> #ファイルの差分を確認する

vim <path> #ファイルをvimエディタで開く

コマンド補完

<tab> #パスやコマンドの入力中にtabを押すと補完
<ctrl> + r #入力後に文字列を入れることでコマンド履歴から検索して補完

特定の文字列を含む文書検索・絞り込み

grep -R <pattern> <path> #<pattern>を含んだ行をpath内のファイル全て再帰的に検索
grep -A <number> #指定した行数、ヒットした行の後も表示(After)
grep -B <number> #指定した行数、ヒットした行の前も表示(Before)
grep -i #<pattern>の大文字小文字を無視(ignoreCase)
tail -f <fileName> | grep --line-buffered "<pattern>" #tailされる内容に対して、表示内容を絞りたい場合

プロセス管理系

ps -eF | grep <pattern> #パターンが含まれる起動中のプロセスを表示

kill <pid> #pidのプロセスを終了
kill -9 <pid> #pidのプロセスを強制終了

権限変更系

chmod -R <permission> <path> #path以下のフォルダ・ディレクトリの権限を再帰的に変更
chown -R <user>:<group> <path> #path以下のフォルダ・ディレクトリのuser, groupを再帰的に変更

新人向けチートシート

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした