Help us understand the problem. What is going on with this article?

DatadogでFargateをモニタリング

More than 1 year has passed since last update.

DatadogでFargateのモニタリングができるようになりました。

これまで、Fargateにdatadogのエージェント入れようとしても、ホストがマウントできないので、どうやってやるんだ?って感じでしたが、先日発表されたFargateの1.1でタスクメタデータのエンドポイントがサポートされたおかげでちゃんとできるようになったようです。
https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2018/03/aws-fargate-platform-version-1-1/

やりかたなどはこちらに。

https://www.datadoghq.com/blog/monitor-aws-fargate/

ここではTaskDininition書いてrun-taskする方法で書かれてますが、ecs-cliでサービスとして起動させてみました。
とりあえずいつもテストで使ってるWordpressのやつで。

docker-compose.yml
version: '2'
services:
  wordpress:
    image: wordpress
    ports:
      - "80:80"
    environment:
      WORDPRESS_DB_HOST: 127.0.0.1
      WORDPRESS_DB_PASSWORD: password
  mysql:
    image: mysql
    environment:
      MYSQL_ROOT_PASSWORD: password
  datadog:
    image: datadog/agent:latest
    environment:
      DD_API_KEY: {$DD_API_KEY}
      ECS_FARGATE: "true"

基本的にはタスク定義の中でDatadogエージェントをサイドカーで動かして、ECS_FARGATE: true だけで動くみたいです。 簡単です。

これを起動させると、

$ ecs-cli compose service up --launch-type FARGATE

スクリーンショット 2018-04-03 11.34.10.png

こんな感じでとれました。

↑のサイトではRedisのコンテナを動かして、dockerLabelsのオプションをつけて、AutodiscoveryによるRedisのモニタリングをしています。
AutoDiscoveryは対応しているソフトウェアならちょこっと追加するだけで、ステータスがとれるみたいですね。
https://docs.datadoghq.com/agent/autodiscovery/
ecs-cliでは今のところ dockerLabels は対応していないっぽいので、この機能使うのであれば、TaskDininitionからつくる必要があると思います。

Fargateの懸念点が一つ改善されました。

taishin
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away