Edited at

Visual Studio Emulator に Google Play をインストールする

More than 1 year has passed since last update.


はじめに


  • Visual Studio Emulator for Android がデフォルトで提供するイメージには、Google Play がインストールされていません

  • エミュレータ上で Google Play Services を利用したい場合は、個別にインストールする必要があります

  • この記事では、Visual Studio Emulator for Android のエミュレータに Google Play Services をインストールする手順を記載します

  • インストールができても一部のアプリがクラッシュする場合があります


手順


1. 事前準備

以下のファイルをダウンロードします。


2. エミュレーターを起動する

Google Play Services をインストールしたいエミュレーターを起動します。以降の画面のスナップショットは、「5" Marshmallow (6.0.0) XHDPI Phone」を利用したときのものです。


3.Genymotion ARM Translator をインストールする

ダウンロードした Genymotion ARM Translator の zip ファイルをエミュレータの画面にドラッグ&ドロップします。"Install and shut down" ボタンを押して、インストールします。

インストールが完了すると、エミュレータが自動的にシャットダウンしますので、エミュレータを起動してください。


4. GApps をインストールする

Genymotion ARM Translator の場合と同じように GApps の zip ファイルをエミュレータにドラッグ&ドロップし、"Install and shut down" ボタンを押して、インストールを行ってください。


5. Google アカウントを追加

Emulator を再起動した後、[Settings]> [Accounts] で Google アカウントを追加します。

メールアドレスを入力後、画面の指示に従ってアカウント追加の処理を続けてください。

Google Play Store が表示され、Play Store から Google Map などをインストールできるようになります。


6. 補足

Hyper-V の仮想マシンのプロセッサの設定で、「プロセッサバージョンが異なる物理コンピュータへ移行する」にチェックを入れてください。

Marshmallow の場合は、以下の手順でGApps をインストールしてください

- Genymotion ARM Translator のインストール

- gapps-L-4-21-15.zip のインストール

- Google Play にサインインする

- benzo-gapps-M-20151011-signed-chroma-r3.zip をインストールする

- Google Play でアプリケーションをアップデートする