Ruby
Rails
CI

Circle CIをカスタマイズしてテストからデプロイまで

More than 5 years have passed since last update.

前書いた記事。

Circle CIでテストにかかる時間を短縮 w/ Jenkins

http://qiita.com/tachiba@github/items/73a7052ff9316f1eb1ca

冷静に考えたらJenkinsいらないじゃんって気づいた。

--


circle.yml


circle.yml

machine:

ruby:
version: 2.0.0-p195

deployment:
staging:
branch: develop
commands:
- bundle exec cap staging deploy:setup
- bundle exec cap staging deploy

production:
branch: master
commands:
- bundle exec cap production deploy:setup
- bundle exec cap production deploy


ふつうにcapまで書いちゃえば良いじゃん.

いくつか設定しとかなきゃいけないところがあって、


Circle CIのプロジェクトの設定から鍵を登録する

デプロイ先のサーバーに入る鍵を対で登録する


デプロイ先のサーバーからリポジトリへアクセスするための鍵をdeploy.rbに書く

set :ssh_options, {:keys => [File.join(ENV["HOME"], ".ssh", "github_no_kagi")]}

なんか、.ssh/configに書いてもうまくいかなかったので、こうなった。

デプロイのためにJenkins側でも環境を作るのって時間とリソースの無駄だし、スッキリした感じがある。

サーバーの鍵預けるのが不安じゃない方はアリでは?