Help us understand the problem. What is going on with this article?

CSS3でレトロホームページを再現:2.アンチエイリアスをなくす

More than 1 year has passed since last update.

こんにちは、@tacashionです。
前回に引き続き、レトロホームページをモダンめに再現してみよう、というテーマで書きたいと思います。

あの、懐かしい大文字タイトル

昔のホームページでありがちなことといえば”大文字のタイトル“。
「tacashion★のほ〜むぺ〜じ」など、画像を使わず、文字を大きく表示させてタイトルにしていました。

微妙なこれじゃない感

title01.png

この大きめの文字、この色、この斜体、なかなかそれっぽい感じ★
しかし、(十分古めかしい中にも)どことなく感じるモダン感…。
何がいけないんだろうと考えていると、1つ、今と昔で違う点がありました。

文字がギザギザしていない!

smooth.png
なめらか……

少し前までは、webサイトの文字というのはアンチエイリアス(曲線や斜線部分に中間色を使って滑らかに見えるようにする)処理がなく、ギザギザというか、ドットがわかるような表示でした。
なるほど、違和感の正体はギザギザか……。
と、気づいたまでは良いものの、どうすれば良いんでしょう。今のブラウザだと勝手にアンチエイリアス処理がかかるし、photoshopで処理なしにして貼り付けるか…、いや、それではCSS3で再現することにならないし。。

-webkit-font-smoothing: none; があった!

あえてアンチエイリアスをなくす方法なんてあるのかなー、と思いつつダメ元で調べてみたらなんとありました!

css
-webkit-font-smoothing: none;

これでアンチエイリアス処理が打ち消されるとのこと。
早速トライしました!

jaggy.png

ギザギザした! >表示サンプル

ついでにフォントの種類をOsakaやMSゴシックを指定するなど、なるべく昔の雰囲気を醸し出すようにしました。

今回使ったCSSプロパティまとめ

css
font-family: "MS PGothic", "MS Pゴシック", "Osaka", "Hiragino Kaku Gothic Pro", "ヒラギノ角ゴ Pro W3", Meiryo, "メイリオ", Helvetica, Arial, sans-serif;/* レトロな書体を優先 */
-webkit-font-smoothing: none;/* テキストのアンチエイリアスをなくす(ギザギザさせる) */

注意点

ただ、今回使用した“-webkit-font-smoothing“は、mac・iOSのブラウザでしか処理されないようなんです。残念…。

tacashion
大阪のインターネット企業でデザイナーをしています。 ビジュアルデザイン/HTML・CSS/イラストレーションなど ■LINEスタンプ販売中 https://store.line.me/stickershop/product/4805198/ja
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした