Help us understand the problem. What is going on with this article?

Ubuntu 16.04 x64 で PostgreSQL11のドキュメントを作成してFessで検索してみる

More than 1 year has passed since last update.

目的

Ubuntu 16.04 x64 で PostgreSQL11のドキュメントを作成してFessで検索してみる

必要なパッケージのインストール

$ sudu apt-get install -y libreadline6-dev \
zlib1g-dev \
flex \
bison \
libxslt-dev \
jade \
docbook \
docbook-dsssl \
docbook-xml \
docbook-xsl \
gettext \
sp \
libxml2-utils \
xsltproc
$ which collateindex.pl
/usr/bin/collateindex.pl

ドキュメントのビルド

$ git clone git@github.com:pgsql-jp/jpug-doc
$ ./configure --enable-nls --with-libxml --with-libxslt
・トップディレクトリで以下を実行すると、doc/src/sgml/html に html が生成される
$ make html
再度、全ビルドをしたい場合
・一度 make html をすると移行差分だけの更新になります。再度全ドキュメントを更新したい場合は、
$ make clean
$ make html
としても、更新がおこなわれないので(生成されたhtmlフォルダを削除してもダメです)
一度sgmlのファイルを更新してから再生成する
$ touch ./doc/src/sgml/*.sgml
$ make html

Fess用dirの作成&ファイルのコピー

Ubuntu 16.04 x64 に fess-12.4.3.deb をインストールしてみる
で設定したfessで検索できるように設定する
$ sudo mkdir /var/export/web
$ sudo mkdir /var/export/web/fess
$ sudo mkdir /var/export/web/fess/pgsql11
$ cd /path/to/doc/src/sgml/html
$ sudo cp -r * /var/export/web/fess/pgsql11/
$ sudo chown -R fess /var/export/web/fess
$ sudo chgrp -R fess /var/export/web/fess

Fessで検索可能にする

http://localhost:8088/admin/ にアクセスする

クローラーメニュー

 ->ファイルシステム
  ->+新規作成 ボタン
   名前:Postgres11
   パス:file:/var/export/web/fess/pgsql11/
   検索対象とするパス:file:/var/export/web/fess/pgsql11/.+.html$
   検索対象から除外するパス:file:/var/export/web/fess/pgsql11/.+.css$
   +作成 ボタン

システムメニュー

 ->スケジューラ
  ->Default Crawler をクリック
   ->今すぐ開始 ボタンをクリック
$ sudo tail -f /var/log/fess/fess-crawler.log
※以下で終了している
[main] INFO Disconnected to elasticsearch:localhost:9300
[main] INFO Destroyed LaContainer.
TOPの画面から Postgres で検索してみる

参考にしたのは以下のサイト

Ubuntuユーザ追加とsudo権限付与。ユーザ/グループ操作まとめ
pgsql-jp/jpug-doc
ドキュメントビルド手順
msgfmt エラーの解消
PostgreSQL日本語マニュアルについて
Ubuntuのポート開放方法(ファイアウォールを設定する)

tabizou
はてD終了により修正&移動の内容も多い Python3、nodejs はVsCodeを使用
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away