Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
1
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@taaaaho

EC2にPHPでWebAPIをサクッと作る

やりたいこと

  • 検証用のEC2にWebAPIをサクッと作る
  • PHPで実装

クライアントの要望でEC2上にPHPで簡単なRestAPIを作成することになった。
作成するのはPostとPutの2つのAPIのみ。

PHP自体が初なのでそもそもの実現方法から検討。

調べたところ生のPHPでもroutingなどは行えそうではあったが、Larvelの軽量フレームワークLumenであれば割と手軽に入れて実装自体も簡単そうだったので今回はLumenで対応。

Screen Shot 2021-05-03 at 0.25.35.png
https://lumen.laravel.com/

手順

1. EC2にapacheをインストール

まずは更新

sudo yum update -y

次にインストール

sudo yum install httpd

2. EC2にphpをインストール

EC2用のPHPを入れることで7系のPHPのインストールが行える。
(LumenがPHP7.3以降しか対応していない)

sudo amazon-linux-extras install php7.4 -y

4. EC2にcomposerをインストール

Lumenを利用するために必要なcomposerをインストールする。

公式サイトに記載があるコマンドをコピペして実行
https://getcomposer.org/download/

php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
php -r "if (hash_file('sha384', 'composer-setup.php') === '756890a4488ce9024fc62c56153228907f1545c228516cbf63f885e036d37e9a59d27d63f46af1d4d07ee0f76181c7d3') { echo 'Installer verified'; } else { echo 'Installer corrupt'; unlink('composer-setup.php'); } echo PHP_EOL;"
php composer-setup.php
php -r "unlink('composer-setup.php');"

composerの本体はbin以下においておく

sudo mv composer.phar /usr/local/bin/composer

5. Lumenのセットアップ

まずはLumenで必要なライブラリをインストール

sudo yum install php-mbstring php-pecl-memcached php-gd php-apcu php-xml -y

続いてLumenを入れていく

composer global require "laravel/lumen-installer=~1.0"

プロジェクトの雛形を作成する

cd /var/www/html
lumen new blog

※上記のコマンドの最後のblogがフォルダ名になるので自由に変える
※apache上で動かすので /var/www/html 配下に作成した。

なお、Lumenを入れずにcomposerの以下のコマンドでもプロジェクトの雛形は作成可能

composer create-project --prefer-dist laravel/lumen blog

6. 権限設定

Lumenのログとキャッシュのフォルダに書き込み権限を付与する。
これやらないとログが出せない。

cd /var/www/html/blog
chmod -R 777 bootstrap
chmod -R 777 storage

7. Apache Virtual Hostの設定

/etc/httpd/conf.d以下にvhost.confを作成する。
※ファイル名は拡張子が.confであればなんでもOK

中身を記載する
DocumentRootServerNameでどのドメインでアクセスされたらどこをDocumentRootにするかを指定するための設定

<VirtualHost *:80>
    DocumentRoot /var/www/html/blog/public
    ServerName [EC2のパブリックDNS名称]
    <Directory "/var/www/html/blog/public">
        # allow .htaccess 
        AllowOverride All

        # Setting Laravel environment
        SetEnv APP_ENV development

        # Allow access
        Require all granted
    </Directory>
</VirtualHost>

一旦これでポート80のhttpの通信に対応できるようになる。
Direcory以下を記載しないとRestのRountingが動かないので記載する。
APP_ENVとかは多分なくても動く。

ドメイン直下にアクセスするとLumenのバージョンが表示される。

Lumen (8.2.3) (Laravel Components ^8.0)

8. 完了

これで一通りの設定は完了
あとは好きなように実装するのみ。

参考

1
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
taaaaho

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
1
Help us understand the problem. What is going on with this article?