Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWSに登録したら一番最初にやること

目的

このエントリーはIAMのダッシュボード画面のセキュリティステータスを全て完了させるのが目的です。

AWSを利用するにあたって必ずしも必要な設定ではないですが、アカウントが乗っ取られたり悪用されて身に覚えのない請求が発生する可能性を最小限に止めることができます。

免責

社内カリキュラム利用を想定し、一部簡略化して記載しています。

不明な点があれば質問してください。

共同編集のリクエストもOKです。

早速始める

AWSにルートユーザーでログインする

ルートユーザーであることを確認してログインしてください。

ルートユーザーでログイン.png

AWSマネジメントコンソールからIAMを開く

「サービスを検索する」にてIAMを検索しましょう。

AWSマネジメントコンソールからIAM画面を開く.png

IAMのダッシュボード画面に遷移します。

IAMのアクセスキーをロックする

IAMはIdentity and Access Managementの略です。

ユーザーやグループ、ロール、権限等を管理できます。

ここでルートユーザーアカウントをロック(=削除)します。

※「無効化」だと後述するダッシュボードのセキュリティステータスが完了にならないため注意してください。

ルートユーザーのアクセスキーを削除する.png

IAMユーザーを作成し、管理者権限を付与する

グループを作成し、そのグループに管理者権限を付与します。

次にユーザーを作成し、権限を付与したグループにそのユーザーを割り当てます。

※直接ユーザーに管理者権限を付与することも可能ですが、ダッシュボードのセキュリティステータスが完了になりません。

グループに管理者権限を付与し、ユーザーを割り当てる

グループを作成し、AdministratorAccessのポリシーを付与してください。

Administratorsグループを作成.png

その後ユーザーを作成し、そのグループに追加してください。

ユーザーを管理者権限グループに割り当てる.png

多要素認証(MFA)を設定する

まずMFAデバイスに認証アプリをインストールしてください。

Google_Authenticatorをインストールする.png

次に表示された認証キーをAWS画面に入力してください(6桁入力が2回あります)。

認証番号を入力する.PNG

ダッシュボードに戻り、以下のようになっていれば設定完了です。

ルートユーザーからログアウトし、以降は管理者権限のユーザーでAWSを利用してください。

お疲れ様でした。

ダッシュボードのセキュリティステータスが5:5になれば完了.png

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away