LaTeX

LaTeX文章を2段組で書く方法

概要

LaTeXを用いて論文のように全2段組で書く方法

書き方

\documentclass[a4j,twocolumn]{jarticle}

表だけ1段組で書く

\begin{table},\end{table}の代わりに\begin{table*},end{table*}を使う.

\begin{table*}
…%いつも通りの表の内容を書く
\end{table*}

図だけ1段組で挿入する

\begin{figure},\end{figure}の代わりに\begin{figure*},end{figure*}を使う.

\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}

\begin{document}
…
    \begin{figure*}
        \centering
        \includegraphics[width=\linewidth]{hoge.png}
        \caption{fuga}
        \label{piyo}
    \end{figure*}
…
\end{document}

ちなみに,width=\linewidthと書くことで図をページの幅基準で出力してくれるので2段組の際にはおすすめ.

おまけ

2段組の間にある空白の幅を調整する方法

\documentclass[a4j,twocolumn]{jarticle} 
\setlength{\columnsep}{3zw}%ここを任意の幅にする.
…
\begin{document}
…
\end{document}

3zwは,全角文字で3文字分の幅を開ける設定.

sectionだけどsection番号をつけない方法

「概要」などの時におすすめ.

\section*{hoge}

jreport形式の際に「関連図書」を「参考文献」へ書き換える方法

\documentclass[a4j]{jreport}
\renewcommand{\bibname}{参考文献}
\begin{document}
…
\begin{thebibliography}{9}
\item hoge
\bibitem[label] fuga
\end{thebibliography}
\end{document}

ちなみに

  • \begin{thebibliography}{9} の9は,参考文献の数が1~9個である場合に使う.参考文献の数が2桁の時は99と書く.
  • \itemは,単純に参考文献を並べる時に使用する.
  • \bibitem[label]は,本文中に参考文献番号を書く時に利用する. 本文中には\cite[label]と書く.