dockerコマンドの補完を設定する

どうも、若松です。

dockerコマンドを使っていると、わかってるけど単語のスペルが出てこないなどで、サブコマンドやオプションをhelpで調べたり、ググる場面が多いかと思います。

そんなときにdockerにはコマンドを補完してくれる機能あるので、紹介したいと思います。


補完設定

実は公式にドキュメントも用意されています。

http://docs.docker.jp/compose/completion.html

私の環境がMac且つbashのため、以下はそれに合わせたコマンドとなります。

brew install bash-completion

curl -L https://raw.githubusercontent.com/docker/compose/$(docker-compose version --short)/contrib/completion/bash/docker-compose > /usr/local/etc/bash_completion.d/docker-compose


補完実行

補完を試すのは簡単です。


サブコマンド

例えば、dockerのサブコマンドがわからなくなった場合、 docker と打ってtabボタンを押すだけで以下のような結果が得られます。

$ docker

attach deploy images logs push secret tag
build diff import network rename service top
checkpoint events info node restart stack trust
commit exec inspect pause rm start unpause
config export kill plugin rmi stats update
container help load port run stop version
cp history login ps save swarm volume
create image logout pull search system wait


オプション

例えば、 docker images のオプションがわからなくなった場合、 docker images -- と打ってtabボタンを押すだけで以下のような結果が得られます。

$ docker images --

--all --digests --filter --format --help --no-trunc --quiet


まとめ

dockerコマンドはサブコマンドやオプションが充実している分、覚えるのは難儀です。

ですので、補完をうまく使って、快適なdockerライフを送りましょう。