Help us understand the problem. What is going on with this article?

【ASP.NET】HTTPレスポンスヘッダーからASP.NET/IISの情報を削除する

More than 3 years have passed since last update.

HTTPレスポンスヘッダーに出力される情報

ASP.NETアプリケーションを普通に開発や運用していて、ブラウザの開発者ツールでネットワーク周りを見ていると、
HTTPレスポンスヘッダーに以下のような情報が出力されていることが確認できます。

image

ServerやX-AspNet-Version、X-AspNetMvc-Version、X-Powerd-Byといった要素に、ASP.NETやIISを使っていること、またはそのバージョンが出力されています。

別に問題ないといえば問題ないんですが、何となく何のサーバー使ってて何のWebフレームワークで開発しているのかをオープンにしたくない場合、
これらの情報をサーバーサイドで削除することができます。

削除方法

Server

Global.asaxに以下の処理を追記します。
リクエストのパイプライン上であれば、どのイベントでも大丈夫なようです。

Response.Headers.Remove("Server");

X-AspNet-Version

Web.configでsystem.Webセクション内のhttpRuntime要素でenableVersionHeaderプロパティをfalseに設定します。

<system.web><httpRuntime  enableVersionHeader="false" /></system.web>

X-AspNet-Mvc-Version

Global.asaxに以下の処理を追記すると削除されます。
これもリクエストのパイプライン上であれば、どのイベントでも大丈夫なようです。

MvcHandler.DisableMvcResponseHeader = true;

X-Powered-By

Web.config内でsystem.webServerセクション内のhttpProtocol要素にあるcustomHeaders要素からX-Powered-Byを削除します。
removeでなくclearでも大丈夫ですが、余計なものまで消されて何かが動かなくなる可能性はあります。

<system.webServer><httpProtocol>
        <customHeaders>
            <remove name="X-Powered-By" />
        </customHeaders>
    </httpProtocol></system.webServer>

結果

上記の設定を全て行った後に、もう一度開発者ツールを使用すると以下のようになります。

image

Microsoftプラットフォームのアプリだとバレずに済みますね!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした