Help us understand the problem. What is going on with this article?

駅すぱあとWebサービスを使ってカジュアルゲームを作ってみよう

More than 1 year has passed since last update.

ヴァル研究所 Advent Calendar 2018 24日目の記事です。

駅すぱあとを使ったゲームって、考えるだけで難しいですよね。
というわけで、今回はこちらを使って駅名当てゲームを作ってみましょう。
https://github.com/EkispertWebService/GUI-for-Unity

基本的な操作

まずはGitHubからソースコードをダウンロードします。
Pushしないので、Cloneじゃなくても大丈夫です。

Unityで開く

ほとんどuGUIで作ってますので、ちょっと古いUnity使っていても大丈夫です。
また、Proじゃなくても、どのプランでも動作します。

シーンを開いて設定する

早速、「Assets/EkispertWebService/Scenes/Nandoku.unity」を開いてみます。

image.png

おそらくこんな感じになっていると思いますので、ヒエラルキーからEkispertWebServiceを選択してください。

image.png

すると、インスペクターにEkispertWebServiceが表示されますので、このKey変数に駅すぱあとWebサービスのアクセスキーを転記します。

image.png

また、ついでに書いてあるエンドポイントが古いため、新しいものに書き換えます。

旧:http://api.ekispert.com/v1/
http://api.ekispert.jp/v1/

※エンドポイントは古いままでも動作します。

「駅すぱあとWebサービスのアクセスキーがないよ」という方は、こちらから申請いただくと無料で入手できます。
https://ekiworld.net/service/sier/webservice/free_provision.html

不具合を修正する

NowLoadingMessageの高さをほぼゼロにしてしまっていたため、表示が崩れます。
そのため、ちょっと高さを広げてみます。

image.png

また、同じくCorrectMessageも高さがないため、同様に広げておきます。

遊んでみよう

後はPlayを押せばゲームが出来ます。

image.png

漢字で駅名が表示されますので、オンスクリーンキーボードで駅名を入力していきます。
ちなみに、マウスやタッチパッドだと相当操作性が悪いので(w)、タッチパネルを推奨します。

まとめ

サクッとサンプルでゲームを作ってみました。
このコードは改変自由なので、タイトルをオリジナルのものに変えてみたり、路線を変えてみたりすると面白いかと思います。

※路線を変更する場合は、ボタンのラベルだけじゃなくてNandokuの路線名リストも書き換えてください。

image.png

t_ryusuke
Unity、HTML5、スマホアプリなどのフロントからAWSをはじめとするサーバーサイドまで、幅広い仕事をしています。 Unite 2016 TokyoのMade with Unity ギャラリーに「エキスビート」を出展してました!
http://www.val.co.jp/
val
経路検索システム「駅すぱあと」をはじめ、全国のデータと高い信頼性をベースにさまざまなサービスを展開。
https://www.val.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした