Posted at

駅すぱあとWebサービスを使ってカジュアルゲームを作ってみよう

ヴァル研究所 Advent Calendar 2018 24日目の記事です。

駅すぱあとを使ったゲームって、考えるだけで難しいですよね。

というわけで、今回はこちらを使って駅名当てゲームを作ってみましょう。

https://github.com/EkispertWebService/GUI-for-Unity


基本的な操作

まずはGitHubからソースコードをダウンロードします。

Pushしないので、Cloneじゃなくても大丈夫です。


Unityで開く

ほとんどuGUIで作ってますので、ちょっと古いUnity使っていても大丈夫です。

また、Proじゃなくても、どのプランでも動作します。


シーンを開いて設定する

早速、「Assets/EkispertWebService/Scenes/Nandoku.unity」を開いてみます。

image.png

おそらくこんな感じになっていると思いますので、ヒエラルキーからEkispertWebServiceを選択してください。

image.png

すると、インスペクターにEkispertWebServiceが表示されますので、このKey変数に駅すぱあとWebサービスのアクセスキーを転記します。

image.png

また、ついでに書いてあるエンドポイントが古いため、新しいものに書き換えます。

旧:http://api.ekispert.com/v1/

新:http://api.ekispert.jp/v1/

※エンドポイントは古いままでも動作します。

「駅すぱあとWebサービスのアクセスキーがないよ」という方は、こちらから申請いただくと無料で入手できます。

https://ekiworld.net/service/sier/webservice/free_provision.html


不具合を修正する

NowLoadingMessageの高さをほぼゼロにしてしまっていたため、表示が崩れます。

そのため、ちょっと高さを広げてみます。

image.png

また、同じくCorrectMessageも高さがないため、同様に広げておきます。


遊んでみよう

後はPlayを押せばゲームが出来ます。

image.png

漢字で駅名が表示されますので、オンスクリーンキーボードで駅名を入力していきます。

ちなみに、マウスやタッチパッドだと相当操作性が悪いので(w)、タッチパネルを推奨します。


まとめ

サクッとサンプルでゲームを作ってみました。

このコードは改変自由なので、タイトルをオリジナルのものに変えてみたり、路線を変えてみたりすると面白いかと思います。

※路線を変更する場合は、ボタンのラベルだけじゃなくてNandokuの路線名リストも書き換えてください。

image.png