LoginSignup
0

More than 1 year has passed since last update.

【Tableau】VIZの垢抜けスキル①〜シートの背景透過〜

Last updated at Posted at 2021-12-01

この記事はAdvent Calendar 2021 Tableauの1日目の記事となります。

12月はTips情報をいくつか更新していく予定です。
本日はVIZの垢抜けスキルとして、シートの背景透過についてご紹介します。

どんな事かイメージが湧きにくい方も居ると思うので、イメージは以下です。

女性への暴力問題.png
上記VIZのデータソース元:MakeOverMondayの2020W10_Violence Against Women & Girls

ここで何をしているかというと、
女性の画像を背景とし、その上に透過したワークシート(線グラフ)を重ねて置いてます。

では実際の手順を解説していきます。
※私の解説&キャプチャはTableauDesktopのバージョン2020.4、PCはMacを使ってます。
バージョンが異なったりPCがWindowsの場合、操作が一部異なる場合もあるかもしれません。

STEP①

ダッシュボードを開き右下の「イメージ」をダブルクリック(もしくはドラック&ドロップ)
イメージオブジェクトの編集と表示されるので、「イメージを選択」から画像を選択します。

68747470733a2f2f71696974612d696d6167652d73746f72652e73332e61702d6e6f727468656173742d312e616d617a6f6e6177732e636f6d2f302f313533373134322f36646632383262322d353836342d333938652d656231612d3233366364336131656639372e706e67.png

画像が表示されます。
必要であればここで画像のサイズを引き伸ばしたり調整してください。
スクリーンショット 2021-12-01 23.35.03.png

STEP②

そして作成したワークシート(ワークシートの作成手順はここでは解説しません)をダブルクリック(もしくはドラック&ドロップ)し、ダッシュボードに挿入します。

スクリーンショット 2021-12-01 23.40.03.png

STEP③

ワークシートを背景画像の上に持ってくるために、ワークシートの▼をクリックし、「浮動」を選択します。

スクリーンショット 2021-12-01 23.43.03.png

これで背景画像の上にワークシートを重ねることが出来るようになります。
スクリーンショット 2021-12-01 23.45.51.png

STEP④

次にワークシート自体を透過していきます。
対象のワークシートを開き書式設定の「網掛け」を選択します。
スクリーンショット 2021-12-01 23.49.18.png

ワークシートの色はデフォルトで白に選択されているかと思います。
スクリーンショット 2021-12-01 23.52.01.png

ここの色を「なし」に変更します。
スクリーンショット 2021-12-01 23.52.38.png

ダッシュボードに戻りレイアウトを調整して完成です。
スクリーンショット 2021-12-01 23.56.06.png

ちなみに背景を画像ではなく、背景色を設定したい場合には、ダッシュボードの「空白」ダブルクリック(もしくはドラック&ドロップ)
スクリーンショット 2021-12-01 23.59.41.png

レイアウトのバックグラウンドで色を選択し完成です。
スクリーンショット 2021-12-02 0.01.06.png

不透明度も変更できます。(ワークシート側のチャートの不透明度も変えられます)
スクリーンショット 2021-12-02 0.02.28.png

注意点としては画像や色のインパクトは強いので、本来目立たせたいチャートに目が行き辛くなるケースがあります。
しかし上手く使えばデザインに遊び心が出て、Viewerが触りたくなるようなビジュアライズが出来ると思っているので私もバランスを見つつ活用してます。

今回の背景透過を活用したVIZは以下のリンクに投稿してます。
https://public.tableau.com/app/profile/misaki.takatsu/viz/MoM_2020W10_ViolenceAgainstWomenGirls/sheet0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
0