10
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

スマホアプリのテストを Appium でやることにした話

この投稿は Sansan Advent Calendar 2015 の 22 日目の記事です。

みなさんテスト書いてますか?

テスト書くの面倒ですよね。
UI テストは特に面倒なことが多いと思います。

iOS アプリの UI テストを KIF → Appium に乗り換えた(ている)ので、その話を書きたいと思います。
それぞれのテストフレームワークについては詳しく説明しておりませんので、ご了承ください。

テストでやりたいこと << KIF でできること だった

KIF は以下の様な特徴を持った UI テストフレームワークです。

Stub を用いて、通信結果を差し替えることで複雑なテストパターンを再現可能であることや、既存コードとの親和性が高いということが、KIF を選定した理由です。
ただ初めは意気揚々とテストコードを書いていけたのですが

  • テスト対象のアプリが Android にも展開しているアプリであったことから、双方で同じテスト書くのがもったいない
  • テストコード量が大きかったので、画面改修/仕様変更により通らなくなるテストパターンが出てきて辛くなった

といった理由から、より費用対効果の高い方法はないか模索し始めました。

そして Appium へ

UI テストを再度書いていくに当たり、まずメンテナンスコストが低く、効果が高い箇所をテスト対象に絞ることにしました。そのうえで、Android とテストを共通にすることができる Appium でテストを書き直すこと。

Appium は以下の様な特徴を持ったテスト自動化フレームワークです。

KIF と比べてプロジェクト内のコードを参照できないため、テストできることはシンプルですが、最低限確かめたいことには十分であったことと、なにより Android とテストが共通化できることのメリットが大きかったため、Appium を採用しています。

まとめ

何をテストしたいのか、テストの目的は何かをチームで話し合い、目的にあったフレームワークを選定できると良いですね。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
10
Help us understand the problem. What are the problem?