RaspberryPi
XRDP
Raspberrypi3

Windowsパソコンからraspberrypi3にリモートデスクトップで接続する

More than 1 year has passed since last update.

Windowsパソコンとraspberrypi3でディスプレイの入力切替等が面倒なため、リモートデスクトップ環境を構築する。

環境

接続元:Windows10
接続先:raspberrypi3 raspbian

xrdpインストール

  • TERMINALに下記コマンドを入力する。
  $ sudo apt-get update
  $ sudo apt-get install xrdp

日本語キーボードの配列を追加

  • TERMINALに下記コマンドを入力する。
  $ cd /etc/xrdp/
  $ sudo wget http://w.vmeta.jp/temp/km-0411.ini
  $ sudo ln -s km-0411.ini km-e0010411.ini
  $ sudo ln -s km-0411.ini km-e0200411.ini
  $ sudo ln -s km-0411.ini km-e0210411.ini
  • xrdpを再起動させる。
  $ sudo service xrdp restart

Windowsから接続

  • win + R でファイル名を指定して実行画面表示する。
  • mstsc を入力する。
  • 表示されたリモートデスクトップ接続画面でraspberrypi3のipアドレスを入力し接続する。 (raspberrypiのipアドレス固定方法はこちら)

  • Moduleはそのまま(sesman-Xvnc)

  • username:pi

  • password:raspberry

  • raspberrypiのデスクトップが表示されれば成功です。