Ethereumのrlpxについて

このドキュメントの翻訳(途中)です。


イントロ

RLPxは、アプリケーションがP2Pネットワークを介して通信するための汎用トランスポートおよびインターフェイスを提供する暗号ピアツーピアネットワークおよびプロトコルスイートである。RLPxは、分散アプリケーションの要件を満たすように設計されており、Ethereumで使用されている。


特徴


  • ノード発見とネットワーク形成

  • 暗号化されたハンドシェイク

  • 暗号化された転送

  • プロトコルマルチプレクサ(フレーミング)

  • フロー制御

  • Peer Preference Strategies

  • Peer Reputation

  • セキュリティ


    • 認証された接続性(ECDH + ECDHE、AES128)

    • 認証されたディスカバリープロトコル(ECDSA)

    • 暗号化された転送 (AES256)

    • 接続を共有するプロトコルが均一な帯域幅を持てる (フレーミング)

    • ノードは均一なネットワークトポロジーにアクセスでる

    • ピアはネットワークに一様に接続できる

    • nodeごとのreputationモデル