Help us understand the problem. What is going on with this article?

ONVIF の概要

More than 3 years have passed since last update.

どっちがどっちだっけ?となることありませんか?
私はあります。(最近特に)
ONVIF の Profile について、どれがどれだっけとなって、公式サイトをみた所、プロファイルも増えているし、仕様書のバージョンも上がっていたので、関心深い所から調べなおしました。結果をここに記します。
ほぼ、Onvif 公式サイト  からの抜粋ですが、参考になれば幸いです。

ONVIF

Open Network Video Interface Forum
IPネットワークカメラ製品のインターフェースの規格標準化フォーラム

ONVIFの目的

  • IPネットワークを用いるセキュリティ製品の通信規格の標準化する
  • メーカー(ブランド)に関係なく相互運用を可能とする
  • 全ての企業や組織へ規格を開放する

ONVIF Profile

Profile  概要 初出
S  IPカメラ/エンコーダ 向け 2011/12
T 高性能化した IPカメラ/エンコーダ 向け(H.264 , H.265) 2017 (策定中)
G 録画機能 2014/6
Q ネットワーク内のセキュリティ製品の設定の管理を容易とする仕組み 2016/7
C ドアなど 物理的アクセス制御 向け 2013/12
A アクセス権限管理 向け 2017/6

  

Profile S

プロファイルSは、IPベースのビデオシステム向けに設計されています。プロファイルSデバイス(IPネットワークカメラまたはビデオエンコーダなど)は、IPネットワークを介してProfile Sクライアントにビデオデータを送信できるデバイスです。プロファイルSクライアント(例えば、ビデオ管理ソフトウェア)は、プロファイルSデバイスからIPネットワークを介してビデオストリーミングを構成、要求、および制御することができるクライアントである。プロファイルSは、そのような機能をサポートする適合デバイスおよびクライアントのためのPTZ制御、オーディオ、マルチキャスティングおよびリレー出力のONVIF仕様もカバーしています。

映像コーデック MJPEG(M) , MPEG-4(C) , H.264(C)
音声コーデック G.711(C) , AAC(C) , G726(C)
Media通信プロトコル RTP/UDP(M), RTP/RTSP/HTTP/TCP(M) , RTP/UDP Multicast(C)
設定機能 装置設定、ネットワーク構成、ユーザ管理、映像エンコード設定、音声エンコード設定、PTZ、...。
一般機能 装置検索、機能一覧 ...。

※ (M):必須 , (C):条件あり必須 , (O):オプション

Profile T

  • H.264 / H.265ビデオ圧縮
  • 画像設定
  • モーションアラームと改ざんイベント

プロファイルTのリリース候補は、IPベースのビデオシステム用に設計されています。プロファイルTは、H.264およびH.265エンコーディングフォーマット、イメージング設定、およびモーションおよび改ざん検出などのアラームイベントの使用などのビデオストリーミング機能をサポートします。デバイスの必須機能には、オンスクリーンディスプレイとメタデータストリーミングも含まれていますが、クライアントの必須機能にはPTZ制御も含まれています。プロファイルTは、HTTPSストリーミング、PTZ設定、モーションリージョン設定、デジタル入力とリレー出力、およびそのような機能をサポートする準拠のデバイスとクライアントの双方向オーディオのONVIF仕様もカバーしています。
注:プロファイルTは、プロファイルSの代替として意図されていません。プロファイルSとT仕様の両方に独自のアプリケーション領域があり、組み合わせることができます。

映像コーデック H.264(M) , H.265(M)
音声コーデック G.711(C) , AAC(C)
Media通信プロトコル RTP/UDP(M)、RTP/RTSP/HTTP/TCP(M)、RTP/UDP Multicast(M)、RTP/RTSP/HTTPS/TCP(M)、RTP/RTSP/TCP/WebSocket(M)
設定機能 装置設定、ネットワーク構成、ユーザ管理、映像エンコード設定、音声エンコード設定、PTZ、...。
一般機能 装置検索、機能一覧 ...。
追加機能 Metadara Streaming(M)、JPEG Snapshot(M)
イベント通知 Motion Alarm Events(M)、Motion Region Detector Events(C)、Tampering Event(M)

※ (M):必須 , (C):条件あり必須 , (O):オプション

Profile G

  • 録画の設定、要求、制御
  • オーディオとメタデータストリームの受信

プロファイルGは、IPベースのビデオシステム向けに設計されています。プロファイルGデバイス(IPネットワークカメラまたはビデオエンコーダなど)は、IPネットワークまたはデバイス自体を介してビデオデータを記録できるデバイスです。プロファイルGクライアント(例えば、ビデオ管理ソフトウェア)は、プロファイルG準拠デバイスからIPネットワークを介してビデオデータの録画設定、即時の録画開始/停止の要求、等することができるものです。プロファイルGは、クライアントがこれらの機能をサポートしている場合、オーディオおよびメタデータストリームの受信をサポートします。

Profile Q

  • 簡単なセットアップ
  • 適合デバイスの発見、設定、制御

プロファイルQは、IPベースのビデオシステム用であり、ネットワーク上のProfile Q準拠製品(ネットワークカメラ、ネットワークスイッチ、ネットワークモニタなど)の迅速な検出と基本設定を提供することを目的としています。プロファイルQ準拠デバイスは、プロファイルQクライアントによって検出および設定できるデバイスです。プロファイルQに準拠するクライアントは、IPネットワークを介してプロファイルQデバイスを検出、構成、および制御できるクライアントです。プロファイルQには、この機能をサポートする準拠製品のTLS(Transport Layer Security)構成の仕様も含まれています。TLSは安全な通信プロトコルであり、ONVIFデバイス自体が不正操作や盗聴から保護する方法でネットワーク上のクライアントと通信することができます。

Profile C

  • サイト情報と設定
  • イベントとアラームの管理
  • ドアアクセス制御

プロファイルCは、電子アクセス制御システムで使用される製品のためのものです。プロファイルC準拠のデバイスおよびクライアントは、サイト情報、ドアアクセス制御、およびイベントおよびアラーム管理をサポートします。

Profile A

  • 資格情報の付与/取り消し
  • スケジュールの作成
  • アクセスルールの割り当て

プロファイルAは、電子アクセス制御システムで使用される製品のためのものです。プロファイル適合デバイスは、情報、ステータス、およびイベントを取得し、アクセスルール、認証情報、スケジュールなどのエンティティを設定できます。プロファイルA準拠のクライアントは、アクセスルール、資格情報およびスケジュールの設定を提供できます。クライアントは、標準化されたアクセス制御関連のイベントを取得して受信することもできます。

実装方法

ミドルウェア

RTP/RTSP で 映像/音声データのみ扱えればいい場合

t-tkd3a
機械学習 について実装できる位の理解を目指します。学ぶ過程の資料・成果を公開していきます。 また Linux での 開発環境・ツール類についても忘備録かねて記載していきます。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away