Help us understand the problem. What is going on with this article?

PyCharmでpythonを動かす(Windows)

More than 1 year has passed since last update.

このドキュメントの目的

PyCharmをインストールし、pythonが動くことを確認する。

事前準備

  1. pythonがインストール済みなこと

環境

Windows7  64bit

PyCharmのインストール

https://www.jetbrains.com/pycharm/download/#section=windows
PyCharmのダウンロードを行う。
pythonを動かすことが目的なのでCommunity版をダウンロード。

図2.png

ダウンロード完了後に、下図のインストーラを起動。
図3.png

起動画面
図1.png

設定ファイルの置き場所を聞かれる。そのまま進めて問題なし。
図4.png

Create associationsにチェックを入れる必要あり。拡張子「.py」をPyCharmが読み込んでくれる。
図5.png

起動アイコンの置き場所を聞かれる。そのまま進めて問題なし。
図6.png

Finishでインストールが完了する。
図11.png

PyCharm内でpythonを動かす

デスクトップ上にアイコンが作成されないので Windowsキーから「JetBrains PyCharm Community Edition」で起動アイコンを検索し起動する。

起動画面。pythonファイルを扱う既存のパッケージがある場合は「Open」からパッケージを選択。
今回は、新しく作成するため「Create New Project」を選択。
図7.png

pythonファイル作成場所と用いるpythonを聞かれる。
今回はそのまま「untitled」で作成。
図8.png

Create選択後、先ほど作成したフォルダが表示される。
image

pythonファイルを作成するため、作成場所のフォルダ「untitled」を右クリックし
「New」→「Python File」を選択。
図10.png

ファイル名を決めてファイル作成。(今回はtest.py)
図12.png

OK選択後、フォルダ下にtest.pyが作成され、画面右側で書き込めるようになった。
図13.png

伝統のHello World構文
図14.png

※2018/10/31 追記:PythonでやるML Cycle1: Pythonに慣れるの記事にてご指摘いただきました。
上図のprint文はPython2系のものであり、Python3系ではエラーになります。
Python3系の場合はprint ('Hello World!')と括弧をつけてください。

pythonを動かすには、画面上部の「Run」→「Run...」から起動したいファイルを
選択。
図15.png

画面下部に「Hello World!」が表示され、動いていることが確認できる。
図16.png

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした