Help us understand the problem. What is going on with this article?

Milkcocoa新機能のHistory APIで期間を指定してデータ取得

More than 3 years have passed since last update.

MilkcocoaのJavaScript SDKにHistory機能が追加されました。

JavaScript SDKの導入について

ブラウザの場合は以下をHTMLファイルに貼り付けてください。

<script src="http://cdn.mlkcca.com/v0.6.0/milkcocoa.js"></script>

npmのmilkcocoaモジュールではv0.3.x以降で使用可能です。

npm install milkcocoa

使い方

対象のデータストアはmessageデータストアだとします。

個数を指定して取得する場合

limitを使います。

var history = milkcocoa.dataStore('message').history();
history.sort('desc');
history.size(10);
history.limit(2000);
// 上記のように書くと'data'イベントが200回発行されます。
history.on('data', function(data) {
    // 200回呼ばれる
    console.log(data);
});
history.run();

期間を指定して取得する場合

spanを使い、タイムスタンプを二つ指定します。二つのタイムスタンプの範囲内のデータが取得できます。タイムスタンプはデータのpush時に自動で付与されます。

var history = milkcocoa.dataStore('message').history();
history.sort('desc');
history.size(10);
// 2015/10/30-2015/11/3のpush()で保存したデータを取得
history.span(new Date(2015,9,30).getTime(), new Date(2015,10,3).getTime());
history.on('data', function(data) {
    console.log(data);
});
history.run();

まとめ

History APIは過去データを取得したい場合に便利です。データの集計、解析やチャットの過去ログなどにご利用いただけると思います。

iotlt
IoT縛りの勉強会です。 毎月イベントを実施しているので是非遊びに来てください! 登壇者を中心にQiitaでも情報発信していきます。 https://iotlt.connpass.com
https://iotlt.connpass.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away