Help us understand the problem. What is going on with this article?

クズが教える新人プログラマ処世術

More than 3 years have passed since last update.

Welcome to Underground

という訳で今年から新人プログラマとして働く方、おめでとうございます。

この先、皆さんには
糞みたいな上司と争ったり、糞みたいな炎上プロジェクトに突っ込まれたり、糞みたいなクライアントの対応したり
素敵なイベントが沢山あることでしょう!

そんな皆さんにクズと自認している私が僭越ながら処世術をお教え致します。

学生時代からOSSに貢献してたり、スタートアップに潜入してたりする意識高い学生は回れ右してお帰りください。

クズなりの糞みたいな職場の乗りこなし方

大小様々な会社が古今東西色々とございますが、中には糞みたいな会社や糞みたいな部署や糞みたいなチームがあります。

そういったところへ自分が配属された時にはまず
次の転職先を探してください。

そのような現場に回されてしまっても無理してあなたはそこで働くことはありません。
さっさと転職しましょう。

え?ホイホイ転職するほど技術力がないと仰る?
世の中はエンジニアを求めているらしいのでどこか雇ってくれますよ!糞みたいな会社だと思うけどね!

そのような方はまず、
その会社で一番技術力が高い人と真っ先に仲良くなりましょう。

エンジニアの方はよほどのクズでない限り、慕ってくれる新人に対してあれこれ世話を焼いてくれるはずです。
みっともないプライドは捨て切ってその人に教えを請いましょう。
そこであなたのエンジニアとしての基盤がまずは出来上がります。

そして糞みたいな職場から早く逃げ切りたければ、休日はひたすら勉強してください。
この世界は能力が全ての世紀末です、実力をつけましょう。
中にはコネで職歴ロンダをする糞もいますがね!死ね!

あと、糞みたいな職場とか問わず人間関係はパワーです、力です。
新人だとプログラミングだけに関わらず、会社での様々なことに躓いたり悩んだりします。
そういった時に助けてもらえる人が一人でもいると精神的辛さがだいぶ違ったりします。
「僕コミュ力ないよ〜」とかいう奴はちっぽけなプライドを捨てて周りの人とコミュニケーション取りまくりましょう。
大丈夫!捨て身で一発芸をやり続ければ謎のいじられキャラとかいう美味しいポジションが待ってるよ!

クズなりの技術面の成長方法

「自分で実力をつけなきゃいけないのは分かったけど、どうすればいいの?」と思われる新人の方は少なくないはず。

そういった方はとりあえず 会社で一番技術力が高い人にどうやって勉強してるか聞いて真似しましょう。

世の中には"守破離"というなんか凄そうな教えがありまして、

  • 守:師匠の教えを忠実に守り、学ぶ
  • 破:師匠以外の教えについても学び、独自の方法を練り上げる
  • 離:師匠の教えから離れ、完全に独自の方法で進む

といったような感じの素晴らしい教えです。
この"守"の部分をまずはやりましょう。

あとは自分をわざと技術レベルの高いとこに突っ込ませるのもひとつです。
東京だと技術勉強会が腐るほどあり、それぞれレベル差がありますが新人にとってはどれもハイレベルな勉強会だろうとは思いますので適当にチョイスして行ってみましょう。
技術的なことを学べるのも目的のひとつですが、一番の目的は
同年代や年の近い人と自分とを比較して足りないものを自覚する
ってことです。

同年代で気持ち悪いくらい技術に精通している人は必ずいるはずなので、喋ってみて自分のレベル感を知りましょう。
「は?こいつらの言ってることわけわかんねぇ」ってなっても大丈夫。
「地方で勉強会が無いよ〜」って人は諦めましょう。東京はいいぞ。

あと、無駄に技術情報を貪りましょう。
feedlyなりを使って何でもかんでも、訳が分からなくてもガンガン記事読んでいきましょう。
で、何となく引っ掛かったことや気になったことはガンガン調べましょう。
躊躇してはいけません、猪突猛進の気持ちでやりましょう。

「こんなのやって何になんだよ」って思うかもしれないですが、一番効果を発揮するのが 人と話をしてる時です。

技術分かる人と話をしてる時に「そういえば◯◯って見たんですけどさっぱり意味が分からなかったんすよね〜」とか言えば優しい人なら教えてくれます。
エンジニアは基本的に教えたがりなのできっと教えてくれることでしょう。
教えてくれない時は心の中で「食中毒で死ね」くらいの呪詛を吐きましょう

クズなりのストレス解消法

糞な会社にいると如何せんストレスが溜まります。
新人ともなると更に比じゃないくらいストレスが溜まります。

そういった時は電車に飛び込まずにタバコに逃げたり、ギャンブルに逃げたり、何でも好きなものに逃げてください。

新人の時は「仕事頑張らなきゃ」となりがちで、それ以外のことに意識が行かず無理に頑張ってしまいます。
大丈夫!君が頑張らなくても会社は生き続ける!

そうなると「仕事頑張らなきゃ」→「いくら頑張ってもダメだ」→「死のう・・・」と負の連鎖に陥ってしまうので、法に触れること以外はガンガンやりましょう。
自分のオススメはひたすら走ることです。
運動はいいぞ。

クズなりの生活

生活面ですが、糞な会社だと給料も雀の涙ほどなことでしょう。
エンジニアは身体が資本なので、碌なもの食べれずに体調を崩しては元も子もありません。
「今日の昼はカップ麺にしとくか・・・」とかはやめときましょう。

私的に一番オススメなのは 先輩にタカることです。
先に述べた人間関係は大事だぞってとこに繋がってくるのですが、自分のことを可愛がってくれる先輩ならお昼をおごってくれたりしてくれます。
また昼をともにすると謎の仲間意識が出てきて、会社の機密情報をポロッとこぼしてくれたりするかもしれません。

あとは一人暮らしのことなら自炊を覚えましょう。
外食中心の生活だと栄養も偏るし、栄養を重視した食事を外食でしようとすると出費がかさみまくります。
自炊だと息抜きにもなりますし、栄養バランスも自分でコントロールでき、料理によってはそこまでお金もかかりません。

私のオススメはひたすら 野菜スープを作ることです。
デカイ鍋を買って、水とコンソメと好きな野菜をぶっ込んで煮るだけ!以上!終わり!閉廷!みたいな感じが一番楽チンで栄養も摂れます。
あとは鶏もも肉でも焼いてれば大丈夫!生きれる!

実家暮らしの人はひたすら親に甘えてください。

最後に大事なのは 恋人を作りましょう。
自分がメンタル的にやられた時は慰めてくれますし、社会で周りが敵だらけに見える時でも一番の味方であってくれます。
一番ベストなのはエンジニアの恋人ですね。
仕事上大変なのも分かってくれますし。
年をとってから恋人作るのは大変だぞ!ヤバいぞ!


という風に長々と書きましたが、本当に仕事辛くなったらいつでも逃げてください。
私は最初の会社が新人に8:00に出社させて、掃除やその他諸々を1:30もさせるThe・糞会社に居ましたが何一つも良いことがありませんでした。
さっさと転職すれば良かったと今でも後悔しています。

「新人なんだから耐えろ!」とか言う輩もいるかもしれませんが、他人の意見に耳を貸してはいけません。
あなたを利用しようとしていることがほとんどだからです。

なので、辛くなったらいつでも逃げましょう。

以上、クズエンジニアからでした。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away