Help us understand the problem. What is going on with this article?

Datadogの便利機能 Live Processes編

概要

Datadogの便利機能をシリーズでお届けする予定です。
今回は、Live Processesのご紹介です。
DatadogでEC2上のプロセス監視を行たい場合、Live Processes機能が便利かもよというお話です。
DatadogのLive Processes機能を使うことで、EC2上で起動しているプロセスが一覧できる上、
プロセスごとのCPU使用率、メモリ使用量、プロセス起動時刻等が一覧で確認できます。便利です。

まずは、導入後の画面から。
スクリーンショット 2019-07-04 14.24.38.png

参考:https://docs.datadoghq.com/graphing/infrastructure/Processes/?tab=linuxwindows

Live Processes 導入方法

導入方法はいたって簡単です。
設定ファイルに以下の設定を追加するか、コメントアウトして、Datadog Agentを再起動するだけです。

# 以下の設定を追加 or アンコメント
Processes_config:
  enabled: "true"
# Datadog Agentの再起動
$ sudo initctl restart datadog-agent

ここがすごいな(楽だな)と思ったところなのですが、
今ままでのプロセス監視は、監視するプロセスを1つ1つをProcesses.d/conf.yamlに定義する必要があった?かと思います。
参考:https://docs.datadoghq.com/integrations/Processes/

それが上述の設定のみで、起動しているプロセスを一覧化してくれます。

機密性の高い情報のマスキング

custom_sensitive_words にマスクしたいワードを登録しておくと、プロセス一覧で表示する際にマスキングしてくれるそうです。
Processes_arg_scrubbing-bc46f797.png
引用元: https://docs.datadoghq.com/graphing/infrastructure/process/?tab=linuxwindows#process-arguments-scrubbing

以下のように設定を追加して、Datadog Agentを再起動するだけです。

Processes_config:
  enabled: "true"
  scrub_args: true
  custom_sensitive_words: ['personal_key', '*token', 'sql*', '*pass*d*']

また、strip_proc_argumentsを設定することで、プロセスからすべて引数を削除することもできるようです。(未検証)

Processes_config:
  strip_proc_arguments: true

プロセス監視方法

プロセスの監視方法も簡単です。
Live Processesで抽出したプロセスを選択して、監視するだけです。
Manage Monitors → New Monitor → Processesと遷移します。
スクリーンショット 2019-07-04 14.56.21.png

あとは、Live Processes Monitor を選択して、監視したいプロセスを設定していきます。
スクリーンショット 2019-07-04 14.57.24.png

もちろん、Tag等を使って対象をフィルタリングしたりもできます。

料金体系

このLive Processes機能は、料金表をみると、EnterPriseプランからとなっていますが、日本だとまだこのEnterPriseプランがないらしく、Pro Plusというプランがあるようで、そちらで利用できます。
詳細は、Datadogに確認してみてください。

まとめ

まずはフリートライアルで使ってみて、使えそうであれば導入を検討する感じがいいと思います。
プロセスごとのCPU使用率やMemory利用量がわかるので、トラブルシューティング時には便利だと思います。
Live Processesぜひ使ってみてください。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away