Help us understand the problem. What is going on with this article?

覚えておくと便利なデザイン関連のチップス

More than 5 years have passed since last update.

はじめに

覚えた当時、もっと早く知ってればなあと思った便利なチップスで、現在もよく使っているものを紹介します。

デザイン関連サイト

アイコン素材
https://www.google.com/design/icons/index.html
https://romannurik.github.io/AndroidAssetStudio/
https://materialdesignicons.com/

カラーチャート
http://www.materialui.co/colors
http://www.materialpalette.com/

チートシート(Holo 時代のもの)
http://petrnohejl.github.io/Android-Cheatsheet-For-Graphic-Designers/#naming-conventions-for-drawables

レイアウトのフォーマット

下記のページでも紹介されているフォーマットにするととても編集しやすいです。
https://github.com/futurice/android-best-practices#resources

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:orientation="vertical"
    >

    <TextView
        android:id="@+id/name"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:layout_alignParentRight="true"
        android:text="@string/name"
        style="@style/FancyText"
        />

    <include layout="@layout/reusable_part" />

</LinearLayout>

XML のコードスタイルを変えてあげれば簡単に導入できます。
Preferences から Editor > Code Style > XML を開き、Layout Files の Insert line break after last attribute にチェックを入れれば OK です。

xml_style.png

Live Template 機能を使う

こちらの記事で紹介されていますので、詳細は割愛します。
よく使う内容を登録しておけば、レイアウトの編集がとても楽になります。
http://qiita.com/kgmyshin/items/df0abb03fe51b8645292

プレビュー機能を有効活用する

主に tools を使ったチップスです。
ここに紹介するもの以外にもあるものも見たい場合はこちらをどうぞ。
http://tools.android.com/tech-docs/tools-attributes

tools:text

text.png

<!-- 動的に値が変わるテキストであるが、プレビューにサンプルを表示したい場合 -->
<TextView
    android:id="@+id/textViewTitle"
    android:layout_width="wrap_content"
    android:layout_height="wrap_content"
    tools:text="タイトル"
    />

tools:visibility

invisible.png

<!-- 非表示の View であるが、プレビューでレイアウトを確認したい場合 -->
<TextView
    android:layout_width="wrap_content"
    android:layout_height="wrap_content"
    android:text="プレビュー表示できるよー"
    android:visibility="invisible"
    tools:visibility="visible"
    />

tools:showIn

include を使った下記のようなサンプルがあったとします。

showin1.png

<LinearLayout
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:orientation="vertical"
    android:padding="16dp"
    >

    <TextView
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="1行目"
        android:textSize="24sp"
        />

    <include layout="@layout/layout_include_sample"/>

    <TextView
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="4行目"
        android:textSize="24sp"
        />

</LinearLayout>

merge タグを使ったレイアウトはプレビューが崩れてしまいます。

showin2.png

<merge
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    >

    <TextView
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:textSize="24sp"
        android:text="2行目"
        />

    <TextView
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:textSize="24sp"
        android:text="3行目"
        />

</merge>

showIn を指定してあげるとプレビューできます。
カスタムビューでも使えますね。便利!

showin3.png

<merge
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    tools:showIn="@layout/activity_sample"
    >

    <TextView
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:textSize="24sp"
        android:text="2行目"
        />

    <TextView
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:textSize="24sp"
        android:text="3行目"
        />

</merge>

View の切り替えを ViewAnimator で行う

下記のようなレイアウトがあったとします。

<FrameLayout
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    >

    <FrameLayout
        android:id="@+id/frameLayout1"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="match_parent"
        >
        ...
    </FrameLayout>

    <FrameLayout
        android:id="@+id/frameLayout2"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="match_parent"
        android:visibility="invisible"
        >
        ...
    </FrameLayout>

</FrameLayout>

Child のレイアウト切り替えを、以下のように行うコードをよく見かけます。

mFrameLayout1.setVisibility(View.INVISIBLE);
mFrameLayout2.setVisibility(View.VISIBLE);

このように、複数の Child のうち同時にひとつの Child を表示する場合は、ViewAnimator(FrameLayout を継承したクラス) を使うと便利です。

<ViewAnimator
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    >

    <FrameLayout
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="match_parent"
        >
        ...
    </FrameLayout>

    <FrameLayout
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="match_parent"
        >
        ...
    </FrameLayout>

</ViewAnimator>

ViewAnimator#setDisplayChild メソッドで、引数に Child の番号を指定すれば、簡単にレイアウトの切り替えができます。

mViewAnimator.setDisplayChild(1);

また、inAnimation、outAnimation を指定すれば、これまた簡単にレイアウト切替のアニメーションを入れることができます。

<ViewAnimator
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:inAnimation="@android:anim/fade_in"
    android:outAnimation="@android:anim/fade_out"
    >
    ...
</ViewAnimator>

Space クラスを使う

スペーシングの調整は margin や padding に以外にも Space クラスを使う方法もあります。
その名の通り、単純に指定された領域を確保する View です。

LinearLayout と Space を使って下記のようなレイアウトを作ることもできます。

space.png

<LinearLayout
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="wrap_content"
    android:orientation="horizontal"
    android:gravity="center_vertical"
    >

    <TextView
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:layout_marginLeft="16dp"
        android:text="リストアイテム"
        />

    <Space
        android:layout_width="0dp"
        android:layout_height="0dp"
        android:layout_weight="1"
        />

    <ImageView
        android:layout_width="48dp"
        android:layout_height="48dp"
        android:padding="8dp"
        android:layout_marginRight="8dp"
        android:src="@mipmap/ic_launcher"
        />

</LinearLayout>

LinearLayout の gravity を使ったセンタリング

LinearLayout で gravity を使えばセンタリングがとても楽になります。
もちろん横向きでも同様に立て方向の中央寄せができます。

gravity.png

<LinearLayout
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:orientation="vertical"
    android:gravity="center_horizontal"
    android:padding="16dp"
    >

    <TextView
        android:id="@+id/textViewTitle"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="まとめて"
        />

    <ImageView
        android:layout_width="48dp"
        android:layout_height="48dp"
        android:src="@mipmap/ic_launcher"
        />

    <TextView
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="中央表示できる"
        />
</LinearLayout>

単色画像の色を変える

ImageView#setColorFilter を使えば OK です。
xml でも指定できるともっと便利なんですけどね。

色違いのリソースが大量にあるようなプロジェクトであれば、xml で色指定ができるようなカスタムビューを作るのもいいかもしれません。

(追記)xml の場合、android:tint を使うとよさそうです。以下参考リンクです。
http://developer.android.com/intl/ja/reference/android/widget/ImageView.html#attr_android:tint
http://y-anz-m.blogspot.jp/2011/04/androidcolorfilter.html

ImageView imageView = (ImageView) findViewById(R.id.imageView);
imageView.setColorFilter(Color.RED);

以下の画像は、プロジェクトの新規作成時に用意されるドロイドアイコンに赤でカラーフィルターをかけたものです。

colorfilter.png

ベースカラー、スタイルを Theme で定義する

ベースとなる色、スタイルなどを Theme で定義すれば、レイアウトファイルで指定する attributes を減らすことができます。
指定漏れも減りますし一石二鳥ですね。

<style name="AppTheme" parent="Theme.AppCompat.Light.DarkActionBar">
    <item name="colorPrimary">@color/colorPrimary</item>
    <item name="colorPrimaryDark">@color/colorPrimaryDark</item>
    <item name="colorAccent">@color/colorAccent</item>
    <item name="android:textColor">@color/textColor</item>
    <item name="android:textColorLink">@color/textColorLink</item>
    <item name="android:windowBackground">@color/windowBackground</item>
</style>
suzukihr
フリーランス。Android, iOS のデザイン、開発を行っています。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away