Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
3
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

Organization

ディレクトリの合計容量を確認するには(local, Gogle Cloud Storage, S3)

特定のディレクトリ配下にあるファイルの総容量を見る方法です。

ローカルのファイルシステム

duコマンドで調べられます。以下の例ではpathディレクトリの総容量を確認できます。

$ du -sh ./path/

オプション

  • -s
    • 合計の容量のみを表示するオプション。
    • これを付けないとサブディレクトリも再帰的に容量を表示される。
  • -c
    • 合計の容量を表示するオプション。
    • これを付けなくてもディレクトリ単位での合計は表示してくれるので、これが生きるのは複数のディレクトリまたはファイルをパラメータで指定した場合。
  • -h
    • 容量表示に G, M, K などの人間にとってわかりやすい単位を付与するオプション。
    • これを付けないと数字のみのバイト単位での表示になり、桁数が多いと見づらい。
  • --help
    • ヘルプ表示

-s-cの違い

-s-cの違いが分かりづらいのですが、以下の2ファイルがあったとすると、

./path/a.txt
./path/b/b.txt

-sでは合計のみの表示。

$ du -s ./path/
16   ./path/

-sなしではサブディレクトリも表示。

$ du ./path/
8    ./path/b
16   ./path/

-cはtotal表示が追加されますが、役立たずです。

$ du -cs ./path/
16   ./path/
16   total
$ du -c ./path/
8    ./path/b
16   ./path/
16   total

-cは複数のディレクトリを指定した場合に役に立ちます。

$ du -cs ./path1/ ./path2/
16   ./path1/
16   ./path2/
32   total

Google Cloud Storage

GCPのストレージであるGoogle Cloud Storageでは、gsutil duコマンドで確認できます。

$ gsutil du -sh gs://xxxx/path/

オプションはローカルのduコマンドと同じです。オプションを覚えやすくてgsutilはいいですね。

AWS S3

AWSのストレージであるS3では、aws s3 lsコマンドで確認できます。

$ aws s3 ls --human --recursive --sum s3://yyyy/path/

awsコマンドはコマンドの使い方もオプションもgsutilと違ってオリジナルです。gsutilのほうがいいですね。

そして、なんとGoogleのgsutil duコマンドでもS3の容量を確認できます。

$ gsutil du -sh s3://yyyy/path/

やっぱりgsutilのほうがいいですね。

参考

AWS CLIを使用してS3のサイズとオブジェクト数を取得してみた - カピバラ好きなエンジニアブログ

duだけでなくcplsgsutilはS3に対応している!
Google Cloud StorageとAWS S3との間でファイルをコピーするには - Qiita
gsutil、aws s3での基本的なファイル操作(Google Cloud Storage、S3) - Qiita

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
3
Help us understand the problem. What are the problem?