IoT
ESP8266
ESP-WROOM-02
ESPr_Developer

Mac で ESPr Developer: ESP-WROOM-02開発キットのシリアルポートが表示されないとき

ESPr Developer

スイッチサイエンスで販売しているESPr Developerは、ESP-WROOM-02の開発キット。
シリアルモジュールも実装されているから、USBでPCと接続するだけで、IoT開発を始められる…!

IMG_20181005_231452.jpg

接続してもシリアルポートに出てこない

Arduinoを接続しているときは、シリアルポートのメニューにちゃんと、/dev/cu.usbmodem1411のようなポート名が表示されます。
しかしながら、ESPr Developerを接続したときには、それらしいポートは見当たりません。ましてや、Bluetoothのはずがない…!

スクリーンショット 2018-10-05 23.19.57.png

FT231X のVCPドライバをインストール

VCP(仮想COMポート)が必要でした!
FTDIのサイトから、Mac OS X 10.9 and aboveの64bit用ドライバをダウンロードしました。

スクリーンショット 2018-10-05 23.42.45.png

ダウンロードしたdmgを開き、インストールします。
インストールしたあとは、再起動が必要です(そうしないとArduino IDEのポートに表示されなかった)。

スクリーンショット 2018-10-05 23.34.00.png

無事に表示されました!
(よくわかんないけど、きっとこれがポートなんだろう!とりあえず選択しておきます)

シリアルモニタを開いて、ボーレートを115200 bpsにし、改行コードをCRおよびLFで設定します。
ESPr Developerのリセットボタンを押すと……ESP-WROOM-02からreadyのレスポンスが届きました!

スクリーンショット 2018-10-05 23.34.33.png

これで、ESPr Developerで開発を始められます!


なぜFTDIのVCPドライバをインストールしたか

USBに刺さっているものが、FT231Xだとわかったからですね。
(このMacについて > システムレポート... から行ける画面ですね)

スクリーンショット 2018-10-06 0.05.45.png

この画面を開くきっかけになったのは、「Mac USB serial port not showing」のクエリでググっている時に見た、Appleのサポートコミュニティのサイトで、「設定のところから、USBに刺さってるものが何なのか見てごらんよ」って書いてあったので、「システムレポート」にたどり着きました。

とはいえ、それよりも前に、Arduinoのフォーラムのスレッド中に解決策が書いてあったのですが、気づかず読み過ごしていました……。なぜなら最後の投稿に、「ケーブル変えたら直ったよ!やいやらw」って書いてあったので……。

ひとまず、これで開発を始められます!