Ubuntu
vmware

VMware Tools をインストールして使いやすくする

More than 1 year has passed since last update.

VMware Player に、Ubuntu16.04 LTS 日本語 Remix をセットアップ

ただし、以下の問題があり、使いづらい

* Ubuntu 上でコピーした内容を、Windows 側のアプリにペーストできない

* WMware Player の画面サイズを変更できない

VMware Tools をインストールすれば上記の問題は解決


仮想マシンの設定変更

Ubuntu を「簡易インストール」でセットアップしたため、VMware Tools をインストールするには設定変更が必要

「仮想マシン設定の編集」の画面で、

* 「フロッピー」を削除

* 「autoinst.iso ファイルを使用」となっている「CD/DVD」を削除

編集後、Ubuntu をセットアップした仮想マシンを再生


VMware Tools のインストール

「端末」を起動

インストール用の圧縮ファイル

/media/ユーザー名/VMware Tools/VMwareTools-XXXXX.tar.gz

これを解凍して、インストール用のスクリプトを実行

$ cd

$ cp /media/ユーザー名/VMware Tools/VMwareTools-XXXXX.tar.gz ~/
$ tar xvf VMwareTools-XXXXX.tar.gz

$ cd vmware-tools-distrib

$ sudo ./vmware-install.pl

インストール中にいろいろ聞いてくるが、すべてデフォルト設定にするので、そのままEnterを押す

インストール完了後、Ubuntu を再起動

これで、

* VMware Player 上の Ubuntu と Windows とでコピー&ペーストができるようになった

* VMware Player の画面サイズを変更することができた

以下の記事を参考にしました

* ゲストOSがUbuntuでVMWareToolsをインストールする手順