Help us understand the problem. What is going on with this article?

UnicornとNginxの概要と違い

More than 1 year has passed since last update.

Unicorn

  • Application server
  • プロセス上で動作するサーバ
  • masterプロセスとworkerプロセスがある
  • masterプロセスがアプリケーションのソースコードを保持。これをforkしたworkerプロセス群が実際のリクエストを処理
  • ソースコードをロードするのがmasterプロセスのみであるため、起動が早い
  • デプロイ時のダウンタイムがない
  • プロセスにシグナルを送ることでサーバの起動関連を指示
  • masterプロセスがUSR2シグナルを送られると、masterプロセスは自身を再起動。このとき新しいmasterプロセスをforkした新しいworkerプロセス群も生成

Nginx

  • クライアントからのリクエストを受け、なんらかの処理(SSLや圧縮など)を行なうWebサーバ
  • 開発環境と本番環境の違いはリクエストの数で、unicornはworkerプロセスがせいぜい数個であるのに対し、nginxは数千ものコネクション数が存在

流れ

  1. Webサーバ(nginxなど)からリクエストがunicornに渡される
  2. unicornはRackをとおしてRailsアプリケーションのルータに処理を渡す
  3. Railsアプリケーションの結果をunicornが受け取る
  4. unicornはこれをWebサーバに渡し、最終的にクライアントへと渡る Nginx→Unicorn→Rails→Unicorn→Nginx

unicorn-worker-killer(gem)

ActiveRecordのキャッシュなどでメモリを使用すると、プロセス単位のメモリ使用量がどんどん増えてしまう
* メモリ使用量などを基準に自動でworkerプロセスを再起動

Settings

http://post.simplie.jp/posts/83

sunoko
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away