Help us understand the problem. What is going on with this article?

Spring 5 & Spring Boot 2の初心者向け入門ハンズオンを公開しました

More than 1 year has passed since last update.

2018-11-27 Spring 5.1 + Spring Boot 2.1にアップグレードしました!

Javaの経験はあるけどSpringは初めてという方に向けたハンズオンを公開しました。以前から公開はしていて、自社開催イベントや色んなコミュニティ向けに実施済みなのですが、改めて紹介します。

どんなハンズオン?

TODOにそって実装していき、Webアプリケーションを完成させるというハンズオンです。

TODOはプロジェクト直下の.mdファイルに書いてあります。また、ソースコードの該当箇所にもTODOコメントを書いてあります。

使っている技術は下記の通りです。

該当するTODO 階層 技術
TODO 01 データアクセス Spring Data JDBC
TODO 02 トランザクション Spring Tx
TODO 03 Webフレームワーク Spring MVC + Thymeleaf
TODO 04 認証・認可 Spring Security
TODO 05 設定の簡略化 Spring Boot
TODO 06 運用監視 Spring Boot Actuator

在り処と進め方

まずは下記の記事を参考に環境準備をしてください。ソースコードの在り処も載せています。

Spring 5 & Spring Boot 2ハンズオン準備手順

プロジェクトは全部で4つあります。

  • 01-spring5
    • ハンズオンで利用する
    • TODO01〜04まで
  • 02-spring5-answer
    • 01-spring5の解答例
  • 03-boot2
    • ハンズオンで利用する
    • TODO05〜06まで
  • 04-boot2-answer
    • 03-boot2の解答例

01-spring5プロジェクトと03-boot2プロジェクトの直下に、TODO-xx.mdというファイルがあるので、その指示に沿って作業を進めてください。

なぜ初心者向けハンズオンを作ったのか

僕がいつもSpringの市販書籍としてオススメしているのは下記の2冊です。

この2冊は非常に良い本なのですが、まずは作ってみて理解するという感じではないのです。

Springが初めての人が作りながら学べる教材があったらいいなーと思い、じゃあ自分で作るかということで作りはじめました。

このハンズオンを最初にやっていただき、その後に改訂新版Spring入門→Spring徹底入門の順に読んでいただくといいと思います!

著作権について

スライド資料やソースコードなどの著作権は、すべて僕の所属企業に属します。

ただ、個人での学習・コミュニティでのイベント・社内での勉強会など、 無償 の範囲内での利用は自由です。

このコンテンツの一部または全部を有償サービスで利用することはご遠慮ください。

このハンズオンが、Spring学習の一助になれば嬉しいです。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした