Help us understand the problem. What is going on with this article?

HTTP経由でのNTP時刻合わせ(PowerShell利用)

More than 3 years have passed since last update.

Firewall に囲まれてて NTP が通らないので書いた。

HTTP(S)で日本標準時を文字列で返してくれるサービスが提供されているのでそちらを利用、対象 OS が Linux 系なら wget を使えばいいけど Windows にはそんなものは(標準では)無いので PowerShell から .NET を呼び出してどうにかする。

コード

ntpdate.ps1
# 管理者権限で実行すること
$ntpdatestring = (new-object System.Net.WebClient).DownloadString("http://ntp-a1.nict.go.jp/cgi-bin/time").Replace(" JST", " +0900").Trim()
$datetime = [DateTime]::ParseExact($ntpdatestring, "ddd MMM dd HH:mm:ss yyyy zzzz", [Globalization.CultureInfo]::CreateSpecificCulture("en-US"))

set-date $datetime

あとはタスクスケジューラにぶち込んだりすれば良いのでは。定時ダッシュの精度が高まりますね

実装時にはまった点

PowerShell 初めて書いた& そもそも .NET あんまり知らんのでそもそも全部ハマっ
WebClient#DownloadString() が 返す文字列の後ろに謎の改行文字が入ってることに気付かなくてパース出来なかった
DateTime#ParseExact() の時にロケール…じゃなくてカルチャに en-US を指定をしないといけない(自環境だとデフォルトのカルチャが ja-JP になるので ddd は "日曜" だの "月曜" だのが有効な値、"Sun" やら "Mon" は認識出来ない)ことに気付くのに大分時間が掛かった

NTPリソース

日本標準時プロジェクト 公開NTP サービス対応クライアントリスト
日本標準時プロジェクト https/http を介してアクセスされる場合

/cgi-bin/time は RFC1123 形式っぽいけど少し違う
/cgi-bin/ntp と /cgi-bin/jst は text/plain じゃないのでアレ

環境

OS: Windows 7 Pro

Windows PowerShell
Copyright (C) 2009 Microsoft Corporation. All rights reserved.

PS C:\> $PSVersionTable

Name Value


CLRVersion 2.0.50727.5485
BuildVersion 6.1.7601.17514
PSVersion 2.0
WSManStackVersion 2.0
PSCompatibleVersions {1.0, 2.0}
SerializationVersion 1.1.0.1
PSRemotingProtocolVersion 2.1


書いてから気付いたけど PowerShell で JSON 読めるならそれ使ったほうが楽だったのでは…?
JSON 使えるやん…
→ PowerShell 3.0 からだった。Windows 7 デフォルトは V2 なのである意味セーフ

st に UNIX 時間が入ってるから new DateTime(1970, 1, 1, 9, 0, 0) に AddSeconds() で良いのかなー

suitap
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした