Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

OSX:開発環境のオレオレSSL証明書をChromeやSafariに信頼させる

More than 3 years have passed since last update.

どうしてもHTTPSでないとならない開発環境では、オレオレSSL証明書を入れてHTTPSでアクセスできるようにすることがありますが、オレオレ証明書はそのままではブラウザに信頼されていないため「信頼できない接続です」といったエラーが出て、サイトが見れない状態になります。

ChromeでYour connection is not privateと表示される.png

このような場合、大抵のブラウザでは、無視して閲覧するオプションがありますが、今回は、証明書をMac OSXのChromeやSafariに信頼させることでこうしたエラーを回避する方法を紹介します。

Firefoxと違い、ChromeやSafariは、ブラウザ単体では信頼するSSL証明書の追加ができません。そのためOSXでは、KeyChain Accessに証明書を追加し、信頼してあげる必要があります。

KeyChain Accessに証明書を追加・信頼する手順

信頼したい証明書をダブルクリックで開きます。

certs.png

証明書の追加ダイアログが出るので、「Keychain」で「System」を選び「Add」を押して証明書を追加します。

Add_Certificates.png

これだけでは証明書と追加しただけで、信頼はしていないので、Applications → Utilities → KeyChain Accessアプリを立ち上げ、たった今追加した証明書を探します。見つけたら、ダブルクリックして開きます。

Keychain_Access.png

開くと、証明書の詳細が出てくるので、その中の「Trust」を開き、「When using this certificate」の設定を「Always Trust」に変更し、閉じます。

ednity_docker.png

以上で、ChromeやSafariでオレオレ証明書が信頼されるようになります。

Screenshot_2016_05_22_22_35.png

suin
Qiita 4位/TypeScript入門書執筆中/TypeScripterのための座談会「YYTypeScript」主催/『実践ドメイン駆動設計』書籍邦訳レビュア/分報Slack考案/YYPHP主催/CodeIQマガジン執筆/株式会社クラフトマンソフトウェア創設/Web自動テスト「ShouldBee」の開発/TypeScript/DDD/OOP
https://yyts.connpass.com/
craftsman_software
「インフラの心配は、もうおしまい」 インフラ運用を自動化し、手作業を限りなくゼロにする会社
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away