Edited at

[memo]LinuxでUSB-Serial

More than 1 year has passed since last update.


個人的メモも兼ねてます。


はじめに

サーバでもクライアントでもLinuxを常用している方

CISCOやApresiaのメンテナンスもLinuxを使いたいですよね?


FTDI chipset USB RJ45 コンソールケーブル

FTDI chipset USB RJ45 コンソールケーブル持ってるので

LinuxでUSB-Serialも使ってます。

使用しているディストリビューションは、openSUSE Thumbleweedです。

ファイル 2017-05-09 8 28 19.jpeg

とりあえずUSBを接続してデバイス名を確認。

[  175.508862] usb 1-1.2: new full-speed USB device number 5 using ehci-pci

[ 175.625253] usb 1-1.2: New USB device found, idVendor=0403, idProduct=6001
[ 175.625260] usb 1-1.2: New USB device strings: Mfr=1, Product=2, SerialNumber=3
[ 175.625263] usb 1-1.2: Product: FT232R USB UART
[ 175.625266] usb 1-1.2: Manufacturer: FTDI
[ 175.625269] usb 1-1.2: SerialNumber: A5026T8I
[ 176.165486] usbcore: registered new interface driver usbserial
[ 176.165500] usbcore: registered new interface driver usbserial_generic
[ 176.165513] usbserial: USB Serial support registered for generic
[ 176.168119] usbcore: registered new interface driver ftdi_sio
[ 176.168135] usbserial: USB Serial support registered for FTDI USB Serial Device
[ 176.168223] ftdi_sio 1-1.2:1.0: FTDI USB Serial Device converter detected
[ 176.168265] usb 1-1.2: Detected FT232RL
[ 176.169875] usb 1-1.2: FTDI USB Serial Device converter now attached to ttyUSB0

ttyUSB0のグループをrootに変更します。

その後、cuコマンドで接続するだけです。

sudo chgrp root /dev/ttyUSB0

sudo cu -s 9600 -l /dev/ttyUSB0

たった2行ですが、シェルスクリプト書いとけば面倒も減ります。

cuコマンドは、デフォルトでインストールされてないことが多いので

追加してください。