language
Translator

Language Translator > IBM Language Translator > チュートリアル Step1

More than 1 year has passed since last update.

IBM Language Translator のチュートリアル Step1を実行します。

初期設定

以下のページからひとまずサインインをすませます。
IBM Watson トップページ - Japan
メールの確認がsendgrid経由で届きます。
少ないとは思いますがsendgirdをネットワーク遮断している組織はそこから先へ進めないのでメールアドレスを変えてトライしてみてください。

APIsからLanguage 言語系

IBM Watson APIs サービスカタログ - Japan

Language Translator

IBM - Language Translator | IBM Watson Developer Cloud - Japan

よく分かりにくいですが、ロケーションを米国南部以外は選択できませんでした。
image

価格プランをLite(無料)を選んで先へ進みます。

ダッシュボード

無事に初期登録と Language Translatorの設定が終われば、ダッシュボードに一覧が表示されます。

image

サービス名をクリックして先へ進みます。

管理ページ

デフォルトで管理ページが表示されます。
Language Translatorの説明が並んでいます。
チュートリアルとデモへのアクセスもこのページから出来ます。

image

ちょっと待って!
さっそくチュートリアルへといきたいところですが、資格情報を登録しないとチュートリアルを実行する事ができないので、まずは資格情報を登録します。

資格情報の登録

左側メニューからサービス資格情報を選びます。
新規資格情報ボタンがあるので押下します。
image

必用に応じて名前を変更し、「インラインの構成パラメーターの追加」はひとまず空白で進めます。

image

無事に追加が終わるとキーの一覧に表示されます。資格情報の表示でユーザー名とパスワードを確認します。
※後ほど使いますのでファイル等に保存しときます。

image

チュートリアル

左側メニューから開始を選びます。
Before you begin等が並んでいますが、ちょっと下のほうにスクロールしてStep 1: Translate textへ行きます。
image

Step 1: Translate text

「Hello、world!」を翻訳しよう みたいな事が書いてあります。
サンプルは英語→スペイン語なので、英語→日本語に変えています。
* Language Translatorでは日本語は"ja" と指定します。
* ユーザー名とパスワードは前述資格情報でメモったものを使います。

curl -X POST --user {username}:{password} --header "Content-Type: application/json" --header "Accept: application/json" --data "{\"text\":\"Hello\",\"source\":\"en\",\"target\":\"ja\"}" https://gateway.watsonplatform.net/language-translator/api/v2/translate

テスト

curlかpostman等でテストしてみましょう。

jsonで以下のような応答があれば成功
認証エラー等があれば、エラーがjsonで返ってきます。

{
    "translations": [
        {
            "translation": "こんにちは"
        }
    ],
    "word_count": 1,
    "character_count": 5
}

付録

POSTMANでのPOSTテスト

POSTMANはインストール済とします。

Authの入力

新規設定、Autuorizationタブにて以下を入力します。

image

Headerの入力

Headerタブにて以下を入力します。(順不同)
* Accept:application/json
* Content-Type:application/json

image

※Authorizationは自動で登録されます。

Bodyの入力

Bodyタブで以下のように入力します。
* text:Hello
* source:en
* target:ja

image

実行

Sendボタンを押します。

image

しばらく待つと画面下部に応答結果が表示されます。

image