Help us understand the problem. What is going on with this article?

Raspberry Piの初回設定、wifi自動設定、VNCサーバー起動(Mac)

More than 1 year has passed since last update.

wifiの設定

@masciiさんがRaspberry Piの無線LANをmicroSDで簡単に設定するためのツールを作ってくれているので利用させてもらいました。

wpa_supplicant.conf作成

ツールで作成されるファイルをmicroSDのルートディレクトリに作成すると、Raspberry Pi起動時に自動でwifi設定がされるとのこと。

SDカード直下におきます。

一度起動したらwpa_supplicant.confはSDカードから削除されるようなので、
初回起動時にVNCの有効化まで一気にやった方がいいです。

SSH

Raspberry Piの無線LANをmicroSDで設定する - Qiita

Mac側でターミナルを立ち上げて以下を入力

$ ssh pi@raspberrypi.local

パスワードを聞かれるので、 raspberryと入力。
これで繋がりました。

※うまく繋がらなかったら、ssh pi@192.168.1.100 などIPアドレスで繋げて見てください。

VNCの有効化

MacのFinderからVNC接続したい場合にはRaspberryPI標準のVNCサーバーに繋がらないのでTightVNCを使います。

RaspberryPI標準のVNCサーバーの場合↓こんなバージョン互換性が無いと表示されます。

メモ:RaspberryPI標準の設定は→sudo raspi-config

TightVNC

TightVNCのインストール
それぞれけっこう時間かかるのでしばらく待ちます。

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
sudo apt-get install tightvncserver

TightVNCの起動

tightvncserver

「You will require a password to access your desktops.」とパスワードを尋ねられますので入力します。これは後ほどのVNC接続で必要になります。

「Would you like to enter a view-only password (y/n)?」の質問にはNで回答します。
(操作を行いたいので)

以下メッセージが表示されて完了

Creating default startup script /home/pi/.vnc/xstartup
Starting applications specified in /home/pi/.vnc/xstartup
Log file is /home/pi/.vnc/raspberrypi:1.log

移動>サーバーへ接続で、以下のようにIPアドレスの後ろに:5901をつけて接続します。
vnc://xxx.xxx.xxx.xxx:5901

Kobito.XAhZns.png

TightVNCの起動で設定したパスワードを入力します。

Kobito.bh7GUD.png

繋がりました!

スクリーンショット 2018-03-17 12.47.34.png

TightVNCの自動起動

Mac側のターミナルでSSHでRaspberryPIに接続し、以下を入力

sudo vi /etc/init.d/vncboot

中身をいかにする

#! /bin/sh    

### BEGIN INIT INFO
# Provides: vncboot
# Required-Start: $remote_fs $syslog
# Required-Stop: $remote_fs $syslog
# Default-Start: 2 3 4 5
# Default-Stop: 0 1 6
# Short-Description: Start VNC Server at boot time
# Description: Start VNC Server at boot time.
### END INIT INFO

# /etc/init.d/vncboot

USER=pi
HOME=/home/pi

export USER HOME

case "$1" in
    start)
        echo "Starting VNC Server"
        #Insert your favoured settings for a VNC session
        su $USER -c '/usr/bin/vncserver :1 -geometry 1280x720 -depth 24'
        ;;

    stop)
        echo "Stopping VNC Server"
        su $USER -c '/usr/bin/vncserver -kill :1'
        ;;

    *)
        echo "Usage: /etc/init.d/vncboot {start|stop}"
        exit 1
        ;;
esac

exit 0

update

sudo update-rc.d vncboot defaults

chmod

sudo chmod 755 /etc/init.d/vncboot

確認

sudo rebootで再起動した後、以下コマンドを打つ

netstat -nlt

以下のように5901ポートで待ち受けがあれば成功

Active Internet connections (only servers)
Proto Recv-Q Send-Q Local Address           Foreign Address         State
tcp        0      0 0.0.0.0:53              0.0.0.0:*               LISTEN
tcp        0      0 0.0.0.0:22              0.0.0.0:*               LISTEN
tcp        0      0 0.0.0.0:5901            0.0.0.0:*               LISTEN
tcp        0      0 0.0.0.0:6001            0.0.0.0:*               LISTEN
tcp6       0      0 :::53                   :::*                    LISTEN
tcp6       0      0 :::22                   :::*                    LISTEN

参考

Raspberry Piの無線LANをmicroSDで設定する - Qiita

Raspberry PiのVNCサーバーの自動起動の設定と自分のローカルIPの自動メール送信設定で捗るVNCライフ - Androidのメモとか

sugasaki
個人的なメモが多いです。 書いてる事は個人の見解であり所属する組織の公式見解ではありません
https://sugasaki.com/
runners
スポーツで世界を良くしたいエンジニアチーム。応援navi、.finisher、run&といった製品開発をしています!
https://www.wantedly.com/projects/167082
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away