Edited at

Raspberry Piの初回設定、wifi自動設定、VNCサーバー起動(Mac)

More than 1 year has passed since last update.


wifiの設定

@masciiさんがRaspberry Piの無線LANをmicroSDで簡単に設定するためのツールを作ってくれているので利用させてもらいました。

wpa_supplicant.conf作成

ツールで作成されるファイルをmicroSDのルートディレクトリに作成すると、Raspberry Pi起動時に自動でwifi設定がされるとのこと。

SDカード直下におきます。

一度起動したらwpa_supplicant.confはSDカードから削除されるようなので、

初回起動時にVNCの有効化まで一気にやった方がいいです。


SSH

Raspberry Piの無線LANをmicroSDで設定する - Qiita

Mac側でターミナルを立ち上げて以下を入力

$ ssh pi@raspberrypi.local

パスワードを聞かれるので、 raspberryと入力。

これで繋がりました。

※うまく繋がらなかったら、ssh pi@192.168.1.100 などIPアドレスで繋げて見てください。


VNCの有効化

MacのFinderからVNC接続したい場合にはRaspberryPI標準のVNCサーバーに繋がらないのでTightVNCを使います。

RaspberryPI標準のVNCサーバーの場合↓こんなバージョン互換性が無いと表示されます。

メモ:RaspberryPI標準の設定は→sudo raspi-config


TightVNC

TightVNCのインストール

それぞれけっこう時間かかるのでしばらく待ちます。

sudo apt-get update

sudo apt-get upgrade
sudo apt-get install tightvncserver

TightVNCの起動

tightvncserver

「You will require a password to access your desktops.」とパスワードを尋ねられますので入力します。これは後ほどのVNC接続で必要になります。

「Would you like to enter a view-only password (y/n)?」の質問にはNで回答します。

(操作を行いたいので)

以下メッセージが表示されて完了

Creating default startup script /home/pi/.vnc/xstartup

Starting applications specified in /home/pi/.vnc/xstartup
Log file is /home/pi/.vnc/raspberrypi:1.log

移動>サーバーへ接続で、以下のようにIPアドレスの後ろに:5901をつけて接続します。

vnc://xxx.xxx.xxx.xxx:5901

TightVNCの起動で設定したパスワードを入力します。

繋がりました!


TightVNCの自動起動

Mac側のターミナルでSSHでRaspberryPIに接続し、以下を入力

sudo vi /etc/init.d/vncboot

中身をいかにする

#! /bin/sh    

### BEGIN INIT INFO
# Provides: vncboot
# Required-Start: $remote_fs $syslog
# Required-Stop: $remote_fs $syslog
# Default-Start: 2 3 4 5
# Default-Stop: 0 1 6
# Short-Description: Start VNC Server at boot time
# Description: Start VNC Server at boot time.
### END INIT INFO

# /etc/init.d/vncboot

USER=pi
HOME=/home/pi

export USER HOME

case "$1" in
start)
echo "Starting VNC Server"
#Insert your favoured settings for a VNC session
su $USER -c '/usr/bin/vncserver :1 -geometry 1280x720 -depth 24'
;;

stop)
echo "Stopping VNC Server"
su $USER -c '/usr/bin/vncserver -kill :1'
;;

*)
echo "Usage: /etc/init.d/vncboot {start|stop}"
exit 1
;;
esac

exit 0


update

sudo update-rc.d vncboot defaults


chmod

sudo chmod 755 /etc/init.d/vncboot


確認

sudo rebootで再起動した後、以下コマンドを打つ

netstat -nlt

以下のように5901ポートで待ち受けがあれば成功

Active Internet connections (only servers)

Proto Recv-Q Send-Q Local Address Foreign Address State
tcp 0 0 0.0.0.0:53 0.0.0.0:* LISTEN
tcp 0 0 0.0.0.0:22 0.0.0.0:* LISTEN
tcp 0 0 0.0.0.0:5901 0.0.0.0:* LISTEN
tcp 0 0 0.0.0.0:6001 0.0.0.0:* LISTEN
tcp6 0 0 :::53 :::* LISTEN
tcp6 0 0 :::22 :::* LISTEN


参考

Raspberry Piの無線LANをmicroSDで設定する - Qiita

Raspberry PiのVNCサーバーの自動起動の設定と自分のローカルIPの自動メール送信設定で捗るVNCライフ - Androidのメモとか