Help us understand the problem. What is going on with this article?

Raspbian Stretch with desktop インストール

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

ラズパイでブラウザを使いたくなったのでRasbianのOSをLiteからwith Desktopに交換することにしましたが、インストールで躓いたのでメモしておきます。

準備

SDカードはSDカードフォーマッターを使ってフォーマットしておきます。Raspbian Stretch with desktopは以下からダウロードします。

https://downloads.raspberrypi.org/raspbian_latest
(今回は)ファイル名:2019-04-08-raspbian-stretch.zip

ダウンロードが完了したら展開します。
ファイル名:2019-04-08-raspbian-stretch.img

macにmicroSDカードを接続して、以下を実行します。

$ cd downloads
$ diskutil list
$ sudo diskutil unmountDisk /dev/disk2

Unmount of all volumes on disk2 was successful

ここまでは順調でした。

sudoでSDカードに書き込む(結果失敗)

$ sudo dd bs=1m if=2019-04-08-raspbian-stretch.img of=/dev/disk2 conv=sync

SDカードにfor desktopのインストールし、ラズパイにSDカードを装着して起動しようとすると、何度やり直しても、Unable to mount root fs on unknown-block のメッセージで止まってしまうという状況に陥りました。Liteの時はこのやり方で成功しましたが、with Desktopでは何故かうまく行きません。そこで、他のやり方を試すことにしました。

Etcherを使ってSDカードに書き込む(結果成功)

https://www.balena.io/etcher/ から、macOS用をダウンロードしインストールします。
立ち上げて、以下を順に実行します。
1. Select image
2. Select drive(自動的にremovable driveを検出)
3. Flash!

Flash終了後、ラズパイにSDカードを装着して起動したところ、成功しました。

・背景画像が表示され、ブラウザChromiumも立ち上げ可能。
・gmail登録することでChromeのお気に入りが自動コピーされる。
・Wifiが自動検出され、PW入力して接続可能(外部アンテナは不要)。
・USBマウス、USBキーボード使用可能。

終わりに

ラズパイは、Raspbian Stretch with desktopをインストールして、ディスプレイ、キーボード、マウスを外付けすることで、PCとしても十分機能を果たすことを実感できました。

IMG_3428.jpg

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした