Mac
homebrew
anyenv

Mac 起動時に Homebrew を自動アップデートする


概要

Homebrew と、 それを使ってインストールしたパッケージを、いつも最新の状態にするための設定をしてみます。具体的には、Mac が起動した時に、シェルスクリプトで brew update と brew upgrade を自動的に実行します。

Homebrew については、以下のサイトをご参照ください。


ホスト


Mac


シェルスクリプト


ファイル作成

まずは、シェルスクリプトを作成します。ここでは、Mac のターミナルで vim を使って作成します。ファイルの置き場所は、適宜決めてください。今回は「 /Users/ユーザー名/ 」の配下にします。シェルスクリプトのファイル名も、ご自分の好きな名前を付けてください。ただし、拡張子は、「 command 」としてください。ここでは「 update.command 」としておきます。

% vim /Users/XXXXXX/update.command

スクリプトの中身は以下となります。

#!/bin/sh

sleep 30
brew update
brew upgrade

apm update
anyenv update

「 sleep 30 」は、Mac が起動して Wi-Fi の電波を掴みに行くための時間で、今回は 30 秒としました。ついでなので、Atom と anyenv のアップデートも入れておきました。

anyenv については、以下をご参照ください。


* Mac に anyenv をインストール


パーミッション

実行権限を付与します。

% chmod u+x /Users/XXXXXX/update.command


テスト

スクリプトが走るかどうか、update.command をダブルクリックして確認してみましょう。


自動起動

次に、Mac にログインした時に、シェルスクリプトを動作させるための設定を行います。Mac のシステム環境を開きます。ユーザーとグループをクリックし、「ログイン項目」タブを開いきます。

20190207_brew_update_自動起動01_システム環境設定01.png

「 + 」マークをクリックします。

20190207_brew_update_自動起動02_ユーザーとグループ01.png

先ほど作成した update.command を選択します。

20190207_brew_update_自動起動03_update_command_追加01.png

するとログイン項目に update.command が追加されました。

20190207_brew_update_自動起動04_update_command_追加02.png


確認

Mac を再起動して、スクリプトが走るかどうかを確認してみてください。

以上です。