Edited at

SourceTreeを使ったGitHubの基本的な使い方とGitHub Pagesで静的Webサイトを公開する手順

More than 1 year has passed since last update.

Gitはいまいち使い方が分からず敬遠していましたたが、GitHub Pages で静的なWebサイトを超簡単に作成できることを知り、思い切って使ってみたところ、簡単にできたので記しておきます。

サイト(コンテンツ)作成時間を除けば、公開するまで本当に約3分でできてしまいました。


【前提】


  (インストール、アカウントの作成手順についてはここでは割愛)

   必要なソフト  :Git、 SourceTree(Windows版)※1

   必要なアカウント:GitHub

  

  ※1: SouceTreeはGitHubのGUI版クライアントで、今回はこれを使いましたが、

    GitHub Desktop等を使っても似たような手順になります。


【手順】

1.リモートリポジトリの作成・・・ブラウザ(GitHub)で

2.ローカルにコピー(Clone)

  URLは、1.で作成したリポジトリのURL。

Clone作成画面

   

  

3.別エディタで通常通りに編集し、保存

4.作業ツリーのファイルをIndexにステージする

  基本は「全てインデックスに追加」をクリックでOK

 (gitコマンドの git add -u(変更されたファイルを追加する) に相当)

  参考:【Git】基本コマンド

Indexにステージする画面

   

5.コミットする

   http://prntscr.com/g3ddt9

6.プッシュする(→リモートリポジトリに反映される)

   http://prntscr.com/g3del8

 

7.【Webサイトとして公開したい場合のみ】ブラウザ(GitHub)から、Webサイトとしてホスティングする設定を行う

  Setting →「GitHub Pages」の「Souce」を「master branch」にして「Save」をクリック

  設定前の画面:http://prntscr.com/g3mrz3

  設定後の画面:http://prntscr.com/g3mt63

以上が、

リモートリポジトリを作成し、ローカルリポジトリ(Clone)を作成し更新をコミット・プッシュし、それをGitHub Pagesで公開するまでの手順になります。