Help us understand the problem. What is going on with this article?

SourceTreeを使ったGitHubの基本的な使い方とGitHub Pagesで静的Webサイトを公開する手順

More than 3 years have passed since last update.

Gitはいまいち使い方が分からず敬遠していましたたが、GitHub Pages で静的なWebサイトを超簡単に作成できることを知り、思い切って使ってみたところ、簡単にできたので記しておきます。
サイト(コンテンツ)作成時間を除けば、公開するまで本当に約3分でできてしまいました。

【前提】

  (インストール、アカウントの作成手順についてはここでは割愛)

   必要なソフト  :Git、 SourceTree(Windows版)※1
   必要なアカウント:GitHub
  
  ※1: SouceTreeはGitHubのGUI版クライアントで、今回はこれを使いましたが、
    GitHub Desktop等を使っても似たような手順になります。

【手順】

1.リモートリポジトリの作成・・・ブラウザ(GitHub)で

2.ローカルにコピー(Clone)
  URLは、1.で作成したリポジトリのURL。

Clone作成画面
    キャプチャ画像

  
3.別エディタで通常通りに編集し、保存

4.作業ツリーのファイルをIndexにステージする
  基本は「全てインデックスに追加」をクリックでOK
 (gitコマンドの git add -u(変更されたファイルを追加する) に相当)
  参考:【Git】基本コマンド

Indexにステージする画面
    キャプチャ画像

5.コミットする
   http://prntscr.com/g3ddt9

6.プッシュする(→リモートリポジトリに反映される)
   http://prntscr.com/g3del8
 
7.【Webサイトとして公開したい場合のみ】ブラウザ(GitHub)から、Webサイトとしてホスティングする設定を行う
  Setting →「GitHub Pages」の「Souce」を「master branch」にして「Save」をクリック
  設定前の画面:http://prntscr.com/g3mrz3
  設定後の画面:http://prntscr.com/g3mt63

以上が、
リモートリポジトリを作成し、ローカルリポジトリ(Clone)を作成し更新をコミット・プッシュし、それをGitHub Pagesで公開するまでの手順になります。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away