【Git】基本コマンド

  • 640
    いいね
  • 0
    コメント

基本コマンド

ローカルリポジトリの作成

初期化して、現在あるファイルを追加して、コミットすればOK

ファイルがなければgit initのみでOK

git init
git add *
git commit -m "initial commit"

リモートリポジトリからプロジェクトをコピー

ターミナルでローカルリポジトリに移動して以下のコマンド

cd [ローカルリポジトリのパス]
git clone [リモートリポジトリパス] (例: https://github.com/jquery/jquery.git)

ファイル更新までの基本手順

ざっくりは以下の様な流れ

  • ファイルを追加
  • ファイルをコミット
  • ファイルを更新
git add [ファイル名] //追加
git commit -a -m "任意のコメント"  //コミット (-aオプションは変更を自動検出してくれる)
git push origin master  //masterを更新

git addの使用例

git add . //すべてのファイル・ディレクトリ
git add *.css //すべてのCSSファイル
git add -n //追加されるファイルを調べる
git add -u //変更されたファイルを追加する
git rm --cached //addしてしまったファイルを除外

git commitの使用例

git commit -a //変更のあったファイルすべて
git commit --amend //直前のコミットを取り消す
git commit -v //変更点を表示してコミット

コミットの取り消し

git reset --soft HEAD~2 // 最新のコミットから2件分をワークディレクトリの内容を保持し取り消す
git reset --hard HEAD~2 // 最新のコミットから2件分のワークディレクトリの内容とコミットを取り消す

コミットメッセージの修正

git rebase -i HEAD~2 // HEADから2件のコミットメッセージ

上記のコマンドを実行するとVimが起動し、最新から過去2件のコミットが表示されます。
※ Vimのコマンドはこちらを参考に → Vimコマンドまとめ

pick {commit_id} {commit_meessage} // 2件目
pick {commit_id} {commit_meessage} // 1件目(最新コミット)

pickの部分をeditもしくはeに変更後ファイルを保存し、
修正が完了したら--amendオプションを付けてコミットする。

git commit --amend

最後に下記のコマンドを実行し完了。

git rebase --continue

ブランチの作成/移動/削除/変更/一覧/

ブランチは変更履歴を記録できる。

ブランチとは

ブランチとは? サルでも分かるGit入門

git branch [branch_name]  //ブランチの作成
git checkout [branch_name]  //ブランチの移動
git branch -d [branch_name]  //ブランチの削除
git branch -m [branch_name]  //現在のブランチ名の変更
git branch // ローカルブランチの一覧
git branch -a //リモートとローカルのブランチの一覧
git branch -r //リモートブランチの一覧
git checkout -b branch_name origin/branch_name //リモートブランチへチェックアウト

編集をマージ

master以外のブランチで編集した箇所をmasterに反映させる

git checkout [branch_name]  //ブランチに移動
git commit -a -m "コメント"  //変更ファイルをコミット

git checkout master  //masterに移動
git merge [branch_name]  //差分をマージ
git push origin master  //ファイルの更新

マージを取り消す

コンフリクトが発生して一旦戻したい場合

git merge --abort

差分を確認する

git diff
git diff HEAD^ //最後のコミットからの差分を表示
git diff --name-only HEAD^ //差分ファイルを表示
git diff file1.txt file2.txt //特定フィイルの差分
git diff commit1 commit2 //コミットの差分

ログの表示

git log //コミットのログが見れる
git reflog //いろいろ見れる
git reflog origin/branch_name //pushのログが見れる

ログには色々なオプションがあるけど、おすすめは以下のコマンド。

git log --graph --name-status --pretty=format:"%C(red)%h %C(green)%an %Creset%s %C(yellow)%d%Creset"

ファイルの名前変更

git mv [変更前のファイル名] [変更後のファイル名]
git commit -a -m "rename"
git push origin master

特定ファイルを特定のコミットに戻す

特定のコミットに戻してmasterに反映したい場合は以下のコマンドで。

git checkout [commit_id] [file_name]  //特定ファイルの指定
git commit -a -m "return" //戻した内容をコミット
git push origin master //変更をプッシュ

今やってる作業を一時退避する

git stash
git stash pop //戻す場合
git stash list //退避の一覧
git stash clear //退避の消去

タグ

git tag // タグの一覧表示
git tag -l 'v1.*' // パターンでタグを検索
git tag -a v0.0.0 -m 'version 0.0.0' // タグの作成
git push origin v0.0.0 // タグの共有

ファイルの削除

git rm [name]  //特定のファイルorディレクトリの削除
git rm *  //全ファイルorディレクトリ
git commit -a -m "remove"  //削除をコミット
chgit push origin master  //削除を反映

addの取り消し

間違えてgit addしてしまった場合はresetでキャンセルできる。

git reset HEAD 
git reset HEAD {file_name}

Tips

コンフリクトの解消

手動で解決する場合

コンフリクトを解消しファイルを保存後、下記のコマンドを実行

git add {file_name}
git commit {file_name} -m "コミットメッセージ"

自動で解決する場合

現在のブランチを正とする

git checkout --ours {fime_name}

マージで指定したブランチを正とする

git checkout --theirs {fime_name}

また、mergetoolを使って解決することもできます。
Gitコンフリクト解消ガイド(git mergetoolの使い方) - Qiita

圧縮ファイルの作成

詳しくは → gitで差分ファイルを抽出する

現在のリポジトリのzipファイルを作成

git archive --format=zip HEAD -o ./hoge.zip

コミット間の差分を取得する

1つ前のコミットから差分を取得し、hoge.zipを作成する例

git archive --format=zip --prefix=root/ HEAD `git diff --diff-filter=D --name-only HEAD HEAD^` -o hoge.zip

特定のコミット間の差分

git archive --format=zip --prefix=root/ HEAD `git diff [old commit ID] [new commit ID] --name-only | git checkout-index --prefix=./diff_ --stdin` -o hoge.zip

なんかうまくいかない場合は、zipコマンドを試してみる。

 zip -r archive.zip `git diff --name-only HEAD [old commit ID]`

タグ間の差分を取得する

v1.0とv2.0間を差分ファイルを取得し、hoge.zipを作成する例

git archive --format=zip --prefix=root/ v2.0 `git diff --name-only v1.0 v2.0` -o ./hoge.zip

無視するファイルの指定方法

.gitignoreファイルを使用する

#Directory
node_modules/
styleguide/

#一致するファイルすべて
*.txt

#aaa.cacheは除く
*.cache
!aaa.cache


git管理しているファイルをあえて無視する

git update-index --skip-worktree [ファイル名]

取り消す場合

git update-index --no-skip-worktree [ファイル名]

詳しくは→ 既に git 管理しているファイルをあえて無視したい


.gitignoreに記述されているファイルを管理対象から外す

git rm --cached `git ls-files --full-name -i --exclude-from=.gitignore`