Help us understand the problem. What is going on with this article?

オンプレミス環境の仮想ハードディスクをより便利にアップロード! Azure managed disksの新機能紹介

はじめに

この記事はマイクロソフトの"Introducing the preview of direct-upload to Azure managed disks"の要約記事です。
先日、Azure managed disksの直接アップロード機能のプレビュー版が発表されました。
この記事では、「そもそもAzure managed disksとは」といったところから今回の発表のポイントまで紹介していきます。
始めに今回の発表のハイライトを紹介し、Azure managed disksの基礎的な内容や発表の詳細について述べていきます。

今回の発表のハイライト

仮想ハードディスクであるAzure managed diskに直接アップロード機能が追加されたことで、オンプレミス環境の仮想ハードディスクをより便利にアップロードできるようになりました。

そもそもAzure managed disksとは

Azure managed diskとは仮想ハードディスクです。
ハードディスクと聞くと、オンプレミスの物理的なディスクを想像しがちですが、Azure managed diskは仮想的なものです。
その実態はAzure内でランダムIOストレージであるページblobとして保存されています。
また、Azure managed diskの"managed"は、「管理者の操作がディスクをプロビジョニングするだけ」で、それ以外の処理はすべてAzureが行ってくれることを意味しています。

今回発表された内容

今回発表された新しい機能はAzure managed disksの直接アップロード機能です。
今まで、オンプレミス環境の仮想ハードディスクをmanaged disksとしてAzureにもっていくには以下の2つの方法しかありませんでした。

  1. managed disksに変換する前にストレージアカウントへ仮想ハードディスクをステージングする
  2. 空のmanaged disksをVMへアタッチし、その後内容をコピーする

しかし、どちらの方法も欠点がありました。
1つ目の手法はmanaged disksを管理するために余分なストレージを必要とし、2つ目の手法はVMを余計に稼働させるためコストが余分にかかるということです。

今回発表された直接アップロード機能はこれら両方の問題に対応することができます。
具体的にはオンプレミスの仮想ハードディスクをmanaged diskとして、直接コピーできるようにすることでワークフローを簡素化しています。
この直接アップロード機能はサポートされているすべてのサイズのStandard HDD・Standard SSD・Premium SSDで利用することができます。

また、特にAzureのIaaS仮想マシンのバックアップソリューションを提供する独立系ソフトウェアベンダー(ISV)の方々は、この直接アップロード機能を活用し、顧客のバックアップをmanaged diskに復元することがおすすめです。
それによって、ストレージアカウント管理から脱却し、復元プロセスを簡素化することができます。
また、大規模なmanaged diskに対するAzure Backupサポートは直接アップロード機能によって、さらに強化されています。

また、生産性の向上のためにAzure Storage Explorerはmanaged disksのサポートもしています。
具体的にはGUIで数回クリックするだけで、ローカルの仮想ハードディスクをmanaged disksに直接アップロード機能で移行することができます。
また、直接アップロード機能を用いて、managed disksを別のAzureリージョンにシームレスにコピーや移動することができます。
このクロスリージョンコピーはAzCopy v10でも強化されています。

以下では記事で紹介されていたAzure CLIでの方法について紹介します。

Azure CLIでの操作

まず、空のmanaged disksを作成していきます。
作成するときは以下のことに注意して作成します。

  • createOptionプロパティ:Upload
  • uploadSizeBytesプロパティ:仮想ハードディスクの正確なサイズに合わせる

例えば、以下のようなコマンドになります。

az disk create \
-n mydiskname \
-g resourcegroupname \
-l westus2 \
--for-upload \
--upload-size-bytes 10737418752 \
--sku standard_lrs

以下のコマンドで、ディスクの書き込み可能なSASを生成します。
それによって、アップロード先としてSASを参照することができます。

az disk grant-access \
-n mydiskname \
-g resourcegroupname \
--access-level Write \
--duration-in-seconds 86400

以下のAzCopy v10を用いたコマンドを実行し、作成したSAS URIを指定してローカルの仮想ハードディスクを空のmanaged diskにアップロードします。

AzCopy copy "c:\somewhere\mydisk.vhd" "SAS-URI" --blob-type PageBlob

アップロードが完了したら、以下のコマンドでSASを無効化します。
SASを無効化すると、managed diskの状態が変化し、VMにmanaged diskを接続できるようになります。

az disk revoke-access -n mydiskname -g resourcegroupname

おわりに

以下の機能はすべてのリージョンでサポートされているそうです。

  • Azure Compute Rest API version 2019-03-01
  • Azure CLIの最新版
  • Azure PowerShell SDK
  • Azure .Net SDK
  • AzCopy v10
  • Azure Storage Explorer

詳細な利用方法などはこちらのAzure managed disksのドキュメントを参照してください。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした