PHP
環境構築

phpenvインストール手順

はじめに

複数のPHPのバージョン管理ができるphpenvを
mac環境に構築したので、その手順をまとめます。

環境

  • MacOS X Yosemite 10.10.5 (古くてすいません... )

1.homebrewをインストール

下記コマンドでhomebrewをインストール

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)

※homebrewについては、別途まとめます。

2.phpenvをインストール

homebrewを使用してphpenvをインストール

$ brew install phpenv

が、うまくいかない...
なので、直接githubからインストール

$ git clone https://github.com/CHH/phpenv.git
$ phpenv/bin/phpenv-install.sh

3.phpenvのパスを通す

.bash_profileに追加する。

$ vi ~/.bash_profile

2行追加

export PATH="$HOME/.phpenv/bin:$PATH"
eval "$(phpenv init -)

反映

$ source .bash_profile

インストール確認

$ phpenv --version

4.PHP-buildインストールする

git clone git://github.com/CHH/php-build.git $HOME/.phpenv/plugins/php-build

5.インストールできるPHPのバージョンを確認

phpenv install --list

今回は5.6.387.2.10の2つをインストールします。

6.ライブラリをインストール

各種必要なライブラリをインストール

$ brew install re2c
$ brew install openssl
$ brew install bison
$ brew install libxml2
$ brew install autoconf
$ brew install automake
$ brew install icu4c
$ brew install libjpeg
$ brew install libpng
$ brew install libmcrypt

7.PHP 5.6.38 をインストール

$ phpenv install 5.6.38

8.PHP 7.2.10 をインストール

そのままバージョンを指定してもインストールできませんでした。
openssl絡みの問題の模様...

$ PHP_BUILD_CONFIGURE_OPTS="--with-openssl=$(brew --prefix openssl)" phpenv install 7.1.8

9.PHPを指定

使用したいPHPのバージョンを指定して使用する

$ phpenv versions
$ phpenv global 5.6.38 # システム全体のPHPのバージョン変更
$ phpenv rehash

以下のコマンドで5.6.38が表示されることを確認
$ PHP --version

参考URL

https://qiita.com/fgnhssb/items/2263c79284c612c7d6ed
https://qiita.com/hokutoasari/items/2bb67525f6fb4ea82271
https://qiita.com/hokutoasari/items/2bb67525f6fb4ea82271