Help us understand the problem. What is going on with this article?

vimにXslate(TTerse)のシンタックスハイライトをさせる方法

More than 3 years have passed since last update.

vimでxslate(TTerse)でコーディングするときに、デフォルトのままだとシンタックスハイライトされないので不便です。
Kolon文法のものは専用のプラグイン(motemen/xslate-vim)が用意されているようですが、TTerse用のものは見当たりません。

今回、Template Toolkit用のものを流用することでシンタックスハイライトを設定してみます。

前提

パッケージマネージャとしてNeoBundleを使用します。
おそらく、他のパッケージマネージャでも手順は同様かと思います。
また、vimのファイルタイプごとの設定方法についてはここでは扱いません。

手順

syntax hightlight

まずは色付けの設定をします。
perl用のプラグイン vim-perl の中にtt2用のファイルがあるのでこれを使います。

vimrc
NeoBundle 'vim-perl/vim-perl'

次にftdetectにXslate用のファイル(*.txなど)を追加します

ftdetect/tx.vim
au! BufNewFile,BufRead *.tx setf tt2html

ここで tt2html の代わりに tt2 を使うとhtmlタグはハイライトされないようになりますが、tt2htmlの方が便利でしょう。
.incなどの他の拡張子も紐付けたい場合には、随時設定を追加してください。

これでハイライトされるようになったかと思います。
スクリーンショット 2015-02-03 14.52.55.png

この他、適宜html用の設定を流用するといいかもしれません。

ftplugin/tt2html.vim
runtime! ftplugin/html.vim ftplugin/html_*.vim ftplugin/html/*.vim

indent

実はこのままではindentがききません。正直テンプレートエンジン構文とhtmlタグが混在するファイルでのインデントルールって好みの問題も多そうなので難しいですが、一応導入してみます。

元々のhtml用indentファイルを流用してもいいですし、こちらのような設定ファイルを使わせてもらうのもいいと思います。

こいつを.vim/indent/tt2html.vimに保存すれば、上で設定したようなtt2に関連付けられたファイルに対して、このインデントルールが適用されます。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away