Help us understand the problem. What is going on with this article?

Raspberry Pi のカメラモジュールで撮影

More than 1 year has passed since last update.

Raspberry Pi Advent Calendar に書こうと思ったら、枠が埋まってしまったので、こちらに書くことにしました。

この記事は、Raspberry Pi Advent Calendar 2017 11日目の記事、@take-iwiwさんによる「Raspberry PiとLinux的方法によるデジタルカメラの作成」に感銘を受けて書きました。

Raspberry Piのカメラモジュールで写真を撮影します。

OpenCVを利用してカメラ画像の取り込みを行うプログラムは、かつて私の個人ウェブサイトで記事にしました。OpenCVを使わず、Video for Linuxだけで画像を取り込みたかったのですが、Video for Linuxの資料が極めて少なく、サンプルプログラムも皆無という状況だったため、諦めていました。

そんなところ、上記記事でVideo for Linuxで画像を取り込む方法がわかったので、私もやってみることにしました。上記記事では、X Windowを使わず、液晶画面の制御まで自前で行うという、かなりすごい記事なのでご一読をおすすめします。

私がやったのは、Video for Linuxからキャプチャするコードをパクっ拝借して、Qtのスレッドで連続キャプチャする処理と、Qtのウィジェット内に描画するくらいなので、実はたいしたことはやっていません。

camera.jpg

OSはraspbianを使用します。あらかじめraspi-configでカメラのサポートを有効にしておいてください。

Video for Linux をインストールします。

$ sudo apt-get install libv4l-dev

この中に、bcm2835-v4l2というモジュールが入っていますので、modprobeコマンドで読み込むか、/etc/modulesに記述して再起動しておきます。lsmodコマンドを実行して、bcm2835_v4l2と、videobuf2_*がいくつか読み込まれていればOKです。

アプリの開発は、私の記事「Raspberry Pi でGUIアプリ開発、初めての手引き」を参考に構築してください。

ソースコードはGitHubに置いてあります。Qt CreatorからQtRaspberryPiCameraCapture.proを開いて、ビルド、実行してください。

https://github.com/soramimi/QtRaspberryPiCameraCapture

captureapp.jpg

soramimi_jp
C++とQtが好き。電子工作もやる。第一種情報処理技術者と第二種電気工事士を持ってる。ワンチップマイコンのファームウェアからPCのデスクトップアプリまで。PCより大規模なシステムは守備範囲外。うちの子かわいい(ドール)。40代独身おっさん(´・ω・`)
http://www.soramimi.jp/
AI-medical-service
近未来の内視鏡医療を実現する医療ベンチャー
https://www.ai-ms.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした