Ruby
Sinatra
RaspberryPi
Kindle

ねこさんカレンダ作ったよ。毎日ねこ、ネコ、ぬこ(=^・^=)


どうき

2019年になりました。毎年クリーニング店からわんにゃんカレンダをもらっていたのですが、2019年分はもらえなかったので、自分でねこさんカレンダを作ってみました。

ねこさんカレンダと言っても、日付とランダム画像を表示するだけですが。


こんなかんじ

グレースケールだといい味でますよ。ねこさん、かわゆす。(=^・^=)






せつめい

プログラムは Raspberry Pi、Raspbian GNU/Linux 9.4 (stretch) で動作確認が取れています。

cat_calendar.rb を Supervisor などでデーモン化してください。

KindleやKobo等のブラウザで http://IPアドレス:1313/ を指定すると、一定時間ごとランダムでねこさんが表示されます。

ブラウザのバージョンが古いときちんと表示されない場合があります。スクリーンセーバは無効にしてください。


cat_calendar.rb

require 'sinatra'

set :port, 1313
set :bind, '0.0.0.0'

keyword = 'cat'
httpurl = 'https://loremflickr.com/640/480/' + keyword + '?'
refreshsec = 600

get '/' do

timenow = Time.new
titledate = timenow.strftime("%Y年%m月%d日") + '(' + %w(日 月 火 水 木 金 土)[timenow.wday] + ')'
unixtime = timenow.to_i

<<STRING
<html>
<head>
<meta http-equiv="Refresh" content="
#{refreshsec}">
<style>
body {font-family: arial, sans-serif;}
p {padding-top: 0; paddding-bottom: 0; margin-top: 0; margin-bottom: 0;}
</style>
</head>
<body>
<p style="font-size: 260%">
#{titledate}</p>
<img src="
#{httpurl}random=#{unixtime}">
</body>
</html>
STRING

end


参考:


さらに

ねこさん以外にも、変数 keyword に関連した画像が一定時間ごとに表示されます。

どんな画像が表示されるか楽しみですね。

参考: