Edited at

8pinoをATTiny85で置き換える

More than 3 years have passed since last update.

前回詳細した回路をATTiny85で置き換えてみます。


ATTiny85とは

Atmelの8ピンDIP小型AVRマイコンで、8pinoで使用されているマイコンです。

ちなみに、Arduino UNOは約3000円、そのマイコンのATmega328は約500円です。対して、8pinoは888円で、そのマイコンのATTiny85は約200円です。

ATTiny85はIOピン数が少ないですが、省電力なので、ボタン電池をくっつけて、ばらまく的な使い方ができそうです。(まだネット接続できていないので、まだ具体的な紹介ができませんが。。。)


ATTiny85書き込み手順

下記を参考にしました。

Programming an ATtiny w/ Arduino 1.6 (or 1.0)

私の場合は、MacBookAirにて、Arduiono IDE1.6.xを使っていますので、上記手順に従って下記のように対応しました。


  • 「ide-1.6.x.zip」をダウンロードし、解凍。

  • ~/Documents/Arduino/以下に、「hardware」dirを作成

  • 上記で作成した「hardware」以下に、解凍した「attiny」以下を移動。

  • Arduino IDEを終了し、再度起動

上記手順を参考に、ATTiny85にスケッチを書き込みます。

スケッチ内容は前回のものをそのまま使用します。


結果


  • 8pinoをATTiny85に置き換えて、8pinoと同様の動作を確認できました。

    attiny85.JPG


  • ATTiny85への給電用に、Arduinoの3.3VとGNDを接続しています。



まとめ


  • 今回、8pinoをATTiny85に置き換え、同じ動作をすることを確認できました。

  • 実は、ATTiny85に置き換えた場合、反応スピードがかなり遅くなりました、ATTiny85は内部クロック8MHzですが、ここがうまく動作していないようです(ARduinoで書き込む際、defaultの1Mhzになってるかも)。ATTiny85に書き込む際のArduinoのパラメータおよびsleepの値の見直しでなんとかできそうです。


参考