Edited at

Raspberry Pi Zero Wで動かくロボットカーを安価に作成(その1 ベースを作成)

More than 1 year has passed since last update.

いよいよRaspberry Pi Zero Wが日本で購入できるようになりました。この記事を記載している時点で、スイッチサイエンスで1,296円(送料別)。Raspberry Pi 3に比べてかなり安い上に、Wifi内蔵。これは早速購入して、何かつくるしかない。。。

ということで、Raspberry Pi Zero Wを使ったロボットーカーを作成したいと思います。目指すは、制作費5,000円以内!

(実際には、Raspberry Pi Zero Wが在庫切れになったので、入荷待ちの間に、できるところからすすめていきます)


ロボットカー

今までも、スマホでコントロールもしくは、プログラミング可能なものはいくつかありました。全体的に1万以上と高いです。



  • Romo


    • Romo本体はキャタピラ等のアクチュエータ部分のみで、処理・命令はiPhoneで行います。

    • iOS9以降のサポートが不可となり、販売終了となりました。




  • mBot


    • Arduino互換ボードを使っており、ScratchベースのmBlockでプログラミングが可能です。

    • 「子供のプログラミング教材」にしては、約14,000円とやや高めのため、家庭内稟議の理由が難しいところ。




ロボットカーのベースの参考

下記の「ロボットカー シャーシキット」の2,189円を目指す事とします。


材料集め

下記の通り「今回購入したもの」が合計金額2010円(税込)となりました。上述の2189円を下回ったのでよしとします。(2017/9/5追記:タイヤをナロータイヤセットから、アモーター用 大タイヤに変更しました。安価な上に、ギヤモータにしっかり接続できます)

また、モータの配線用のジャンパーケーブルや、はんだごて等の道具等は購入済のものを使用するので、今回の費用には含まない事とします。


今回購入したもの


購入済のもの


組み立て



  1. ユニバーサルプレートLを半分で切断


    • 横の目を奇数にしたいので、端の1列も切断します。ニッパーでは難しかったので、ノコギリを使いました。切断面をヤスリで整えます。




  2. モータにジャンバーコードをはんだづけ付け


    • オスオスのジャンパーケーブルを片方を切断し、皮を向いてモータにはんだづけします。このままだと、はんだづけ部分ですぐにケーブルが切れてしまうので、熱収縮チューブを上から被せて、ドライヤーで熱をあてます。




  3. タイヤをモータに固定


    • タイヤをモーター側の軸に接続します。ちょうどはまりやすい形になっています。




  4. モータをユニバーサルプレートに固定


    • ユニバーサルプレートとモータを両面テープで接着。ユニバーサルプレート付属のパーツとモータを接着剤でつけて、ネジで固定。左右に固定します。



  5. ボールキャスターをユニバーサルプレートの前輪部分に固定


* 前輪部分にボールキャスターをネジで固定します。

![IMG_2472.JPG](https://qiita-image-store.s3.amazonaws.com/0/4779/e1b9ec93-7c95-45ae-75d8-10dd2764bf33.jpeg "IMG_2472.JPG")



  1. ベース完成


    • ひっくり返して完成です。




次回


  • 作成したベースの上に、Raspberry Pi3(Raspberry Pi Zero Wがまだ届かないので)と、ブレッドボード、モータードライバ、電池ボックス等をのせて配線していきます。


備考


  • 後になって気づいたのですが、ちっちゃいものくらぶでは、Arduino互換ボードをつかった、ちびか~を頒布しています。このArduino互換ボードをRaspberry Pi Zero Wに置き換えることもできそうです。