Yosemiteを入れてbundleを通すまでにやった事

  • 11
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

先週金曜日にリリースされたOS X Yosemiteをインストールしてbundleを通すまでにやった事や、感じた事を、時系列でざっくり書いてみたいと思います。

Qiitaに投稿するのは初めてなのですが、読み難かったらすみません。


先週木曜夜:
リアルタイムで色々見たかったけど、眠気に勝てず早めに就寝。

先週金曜朝:
どんな発表があったかなーとニュースサイトをチェック。Yosemiteが即日リリースされる事を知る。
Mavericksをインストールした時も即日インストールしたのですが、今回もそうしようと決める。
https://twitter.com/snowsunny1107/status/522870867647139840

会社に着いたので早速AppStoreを開きアップデートをクリック、Yosemiteの更新が来ているのを確認。でもそれ以外の更新も来ていたので、先にそっちを済ませ、次にYosemiteをインストール。

AppleIDにサインインしてインストールを開始、5GB強のダウンロードが始まる。
※途中で一回パスワードを聞かれた気がするので、インスールする際は、時々進捗を確認するのが良いかなと思います。

ダウンロード後、自動で再起動、インストールが始まる。(この時点で40分くらい経ってました)
そこからインストールが始まって、表示されていた残り時間は30分程。

先週金曜昼前:
インストールが後1分になりワクワクが高まる。

5分経過「残り1分からが長いなー、まぁもう少しで終わるだろう」
(´・ω・`)

さらに5分経過…
(;´・ω・`)...

さらに10分経過…

(;;´・ω・`)...


さすがに心配になり検索してみると↓の記事を発見。
http://wayohoo.com/mac/troubles/measures-when-it-was-stopped-during-the-installation-of-os-x-yosemite.html

「信じろ・・・!おまえのMacを・・・!」

との事だったので、自分のMacを信じ、昼食を買いに出掛ける。

先週金曜昼過ぎ:
買い物から帰ると画面が暗い「おっ!終わったかなー」と思いながらキーボードを適当に連打、見慣れないログイン画面が表示されたのでYosemiteのインストールが終了。

一通りYosemiteの見た目や機能を堪能。
その中でフルスクリーンモードの使い方が分からず詰みかける…(´・ω・`)
※今までの緑ボタンがフルスクリーンボタンになりました、皆さんも気を付けましょうw

次に端末でRailsプロジェクトのフォルダーに移動し、bundleを実行。が、駄目っ!(失敗)
brewのパッケージ関係が色々おかしくなってる感じだったので(Mavericksの時も似た様な事があった)ついでにその辺も更新する事に。

色々あって先週金曜15時過ぎ:
brew update; brew upgrade
を実行。これが物凄い時間が掛かった&問題が発生したので、自宅に持ち帰り更新を続行。

先週金曜20時:
brew upgrade

brew doctor
を実行しながら、一つ一つ問題を潰していく。自分はその二つで大体解決出来ました。
ただ
Warning: Your Xcode (6.0.1) is outdated
Please update to Xcode 6.1.
Xcode can be updated from the App Store.
このエラーはどうしようも無い感じだったので、AppStoreでアップデート出来る様になるのを待つ事にしました。

そして再びbundleを実行。が、またしても通らず!…(´・ω・`)
古い環境でビルドされたrubyに問題が有りそうなので、
rvm remove 2.1.3; rvm install 2.1.3
を実行。

インストールが完了したら、三度bundleを実行。
そして無事、bundleが完了!これで安心して開発が続けられますね。

以上、Yosemiteを入れてbundleを通すまでにやった事でした。
途中で詰まっている方が居たら、少しでも参考にして頂ければ幸いです。

最後に、ここまで読んで頂いた方、ありがとうございます。
長文乱文失礼いたしました。

追記:
気付いたらストックして貰えてるー!嬉しいです、ありがとうございます。