VM上の仮想ディスクの容量を増やす

More than 3 years have passed since last update.


VirtualBox上のUbuntuの容量を増やしたい

Ubuntuでいろいろとインストールなどをしていたら容量不足になりました。

やっぱり8GBは少ない。


仮想ディスク(VDI)の容量を増やす

Windowsの端末を開き、以下のようなコマンドを実行する。


コマンドプロンプト

  “C:¥Program Files¥Oracle¥VirtualBox¥VBoxManage.exe” modifyhd D:¥¥ubuntu.vdi --resize 51200


上記のコマンドはVirtualBoxに存在するコマンド「VBoxManage.exe」を実行して「ubuntu.vdi」の容量を50GBに変更している。

これで8GBだった「ubuntu.vdi」が50GBになっている。(可変の仮想ディスクなのでwindows上で見える容量はそれほど変わらない)


Ubuntuなどでパーティションを調整する

VDIの容量が増えても、Ubuntu上では8GBのパーティションのままになっていて、42GBほどが未割当の状態になっている。

ここからはUbuntuのLiveCDなどを使ってパーティションの調整を行う。


  1. Ubuntu16.04などのLiveCDで起動する。

  2. GPartedを起動する。

  3. 「sda5」のスワップ領域を無効化し、削除する。(「/dev/sda」にUbuntu16.04がインストールしていたとする。)

  4. 「sda2」を削除する。

  5. 「sda1」をリサイズし、スワップ領域の分だけ残す。

  6. 余っている領域にスワップを設定する。

  7. 変更を適応して、PCを再起動する。

以上で、おしまい。

GPartedでsda1をそのままリサイズしようとしたのですが、小さく出来ても大きくはできませんでした。調べてみたらsda1以外を削除すればいいみたいですね。


参考

仮想ディスク(VDI)のサイズ変更

VirtualBoxのディスク容量を拡張する